完成したサンプルを確認してみよう

試しに「種別」で「夜間」を指定し、「No」に「2」と入力してみました。ご覧の通り、夜間コースの表から、コース名「Excel応用」の料金「45,000」が取り出されました。

「夜間」を選択し、「2」と入力すると、ちゃんとコース名・料金が表示された

「夜間」を選択し、「2」と入力すると、ちゃんとコース名・料金が表示された



ポイントはセル範囲名

今回の組み合わせ術のポイントは、何といっても、セルに設定したセル範囲名です。データ範囲にセル範囲名を設定し(【ポイント1】)、その範囲名を使用して表を指定し(【ポイント2】)、VLOOKUP関数で使用できるように、INDIRECT関数で変換(【ポイント3】)したわけです。このポイントを押させておけば、取り出し元の表がいくつあっても問題なく作成できます。
ポイント1~3をおさらいしよう

ポイント1~3をおさらいしよう




早見表からの表引きでも使用できるINDIRECT関数

なお、このテクニックは「早見表からデータを取り出そう」で紹介した、MATCH関数とINDEX関数の組み合わせ技にも応用できます。

たとえば、下図の「レンタカー料金表」の場合、MATCH関数とINDEX関数の組み合わせ技で「車種」と「時間」から「料金」を取り出しますが、さらに、「普通車」「小型車」になどの「クラス」によって、別表になっています。



VLOOKUP関数で取り出し元の表を切り替えたように、早見表のセル範囲にセル範囲名を設定し、INDEX関数の第1引数「範囲」でINDIRECT関数を使用して、早見表を切り替えます。こちらについても、ぜひ挑戦してみてください。





■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。