Excel(エクセル)のマクロとは?」でマクロの概略についてご紹介しました。
「なーんだ。マクロって、そういうことだったのか!」
「わぁ!マクロって何だかとっても便利そう!」
と感じて頂けたのではないでしょうか?

今回は、マクロでExcelの操作を記録する操作方法やその注意点などについて解説します。

準備その1:記録する操作を整理しよう

マクロは、Excel上の操作を記録して自動実行させる機能でした。ということで、まずは、記録したい操作・手順をキチッと整理しておきます。というのも、当然、間違って操作した内容も記録されるからです。整理をせずに、勢いでバババッと記録すると、
  • 「あっ、間違えた」→やり直し……
  • 「おっと、こうする前に、あの操作をしておくべきだった」→やり直し……
  • (操作を記録しながら)「うーん、このグラフじゃない方が良かったかな……」→やり直し……
といった感じで、かえって、ひと手間かかってしまいます。やり直しができる、とはいえ、キチンと準備してからの方が効率的ですし、意外に、手順を整理していると、「そういえば、この設定も必要だったな」と気付くことが多いと思います。実際に何度か操作してみて、選択するメニュー名やクリックする設定項目名などを手順通りにメモしておきましょう。

準備その2:セキュリティレベルを確認しよう


もうひとつ、確認事項があります。「ツール」メニュー→「マクロ」→「セキュリティ」をクリックして「セキュリティ」ダイアログボックスを表示します。
「セキュリティ」ダイアログボックス


このダイアログボックスでは、Excelのマクロに対するセキュリティレベルが設定できます。このレベルが「高」または「最高」になっている場合は、「中」を選択しておきましょう。

※初期設定では、セキュリティレベルは「高」に設定されています。
※Excel2000、2002のセキュリティレベルは「高」までです。

>それでは、今回記録する操作について次ページで整理してみましょう。