VBAプログラムを作成する2つの方法

VBAプログラムを作成する方法として、主に「マクロ記録を利用する方法」と「VBAコード(※)を直接記述する方法」の2つがあります。
※VBAプログラムでは、「キーワード」を使用して「ステートメント(1行のプログラム)」を作成し、ステートメントが集まって「プロシージャ(小さいプログラム)」が作成されます。この記事では、これらを総称して「VBAコード」と表記しています。

「マクロ記録を利用する方法」では、「マクロ記録」機能を使用してExcelの操作を記録し、自動生成されたVBAコードを「読んで編集」してVBAプログラムを作成します。この方法は、「Excelの一般的な操作から入ること」「いきなりVBAコードを記述しないこと」「VBAコードを読みながらVBAの文法を学習できること」などの理由から、プログラミング初心者が学習する場合に適した作成方法といえます。
マクロ機能を利用してVBAプログラムを作成

マクロ機能を利用してVBAプログラムを作成



しかし、この方法だと、自動生成されたVBAコードに無駄が多く、「簡単な1行のコード」を作成するために、不要なコードを読んだり削除したりする手間が発生する場合があります。また、より高度で便利なVBAプログラムを作成する上で限界もあります。

「マクロ記録を利用する方法」でVBAのプログラミングに慣れてきたら、「VBAコードを直接記述する方法」に切り替えていきましょう。簡単なプログラムであればサクッと作成できますし、高度なプログラミングも可能になります。次ページで、その基本的な手順をまとめて紹介します。

「VBAコードを直接記述する方法」についてはこちらへ!