ガイド記事「新しいメニュー形式「リボン」に至る歴史をひも解く」では、Excel2007から採用された新しいメニュー形式「リボン」について、歴史的な観点から考察してみました。この記事では、「旧メニューと何が違うのか」といった観点から、「リボンの使い勝手」や「リボンの新しいボタン配置」について詳しく考察していきます。


文字配置と書式設定が便利になった

まず、「ホーム」タブには、操作性が格段によくなった機能がいくつかあります。その中でも特に注目したいのが、「配置」グループに配置された「縦方向の文字配置」、「数値」グループに配置された「書式設定」機能。いずれも、使用頻度が高いわりに、いちいち「セルの書式設定」ダイアログボックスを表示して操作する必要がありましたね。リボンでは、ダイアログボックスを表示することなく、すぐにメニューを実行できるので大変便利です。
縦方向の文字配置ボタン

縦方向の文字配置ボタン


数値の書式設定

数値の書式設定



続いて注目したいのが「数式」タブ。数式に関わるすべてのメニューがここに集結されています。ワークシート関数を入力しているとき、このタブを表示しておけば、数式に関わるすべての機能が表示されているので、いつでも選んで実行できます。
「数式」タブ

「数式」タブ



「表示」タブの一体感も痛快です。以前の「表示」メニューと「ウィンドウ」メニューがまとめられ、「オプション」ダイアログボックスの「表示」タブ内にあった「枠線」や「見出し」の表示切り替え項目も追加されています。表示に関わる機能が一堂に会した、というわけです。
「表示」タブ

「表示」タブ