「数字」を使って表現できる事柄は多岐に渡ります。単なる数値データであったり、金額を表す会計データだったり、時刻を表すデータだったり・・。そして、その数字が何を表しているのか、数字の意味を表す表示方法があります。

金額であれば、「?」マークや桁区切りを付加して「?15,000」などと表示しますし、時刻を表すデータであれば、「:」を使って、「19:30」などと表示します。

この記事では、上記のような入力データの表示形式を設定する方法について紹介します。

表示形式を設定する意義とは

セルの表示形式を設定すると、入力されたデータが何を意味するのか、ハッキリわかるようになります。また、「桁区切り」や「小数点以下の桁数」などを設定することによって入力データが読みやすくなるので、データ入力やデータチェックなどでミスが軽減できます。

データの意味がわかりづらい→作業ミスが発生しやすい


データの意味がわかる→作業ミスが軽減される


このように、表示形式を設定することで、見栄えを良くするだけでなく「作業効率を上げる」効果も期待できます。ぜひ、データ入力前に表示形式を設定することをオススメします。