Microsoft Officeの次期バージョンOffice2010が、2010年前半に発売予定です。これに先立ち、2009年7月にテクニカルプレビュー版が公開され、Office2010の全容が明らかになってきました。

そこで、この記事では、テクニカルプレビュー版を使用して、Excel2010の新機能や改善点などをまとめてみました。なお、テクニカルプレビュー版は開発途中の評価版です。正式にリリースされる製品版では変更される点があることをご了承ください。

Excel2010の全体的な印象

まず全体的な印象ですが、Excel2007に引き続き、Excel2010でもリボンが採用されていることもあり、Excel2007がリリースされたときのような大きな変化は、今のところ見当たりません。ワークシートのスペックも、Excel2007と同様に1048576行×XFD列となっています。マクロ機能やVBAも健在のようです。
テクニカルプレビュー版の起動画面

テクニカルプレビュー版の起動画面

Excel2010テクニカルプレビュー版

Excel2010テクニカルプレビュー版



リボンがカスタマイズできるようになった!

Excel2007で賛否が分かれた「リボン」インターフェースですが、Excel2010ではユーザー独自のリボンを作成できるようになりました。いつも使用している機能のボタンを、自分のルールでグループ化して独自のリボンに配置できるわけです。

ユーザー独自のリボンが作成できる

ユーザー独自のリボンが作成できる



作成方法はそれほど難しくありません。「Excelのオプション」に「リボンのユーザー設定」が追加されたので、この画面でリボンとグループを作成して、各機能のボタンを追加していくだけです。

ユーザー独自のリボンを作成

ユーザー独自のリボンを作成



続いて、注目の新機能「スパークライン」と「スライサー」を紹介しましょう。ともに、データ分析で威力を発揮する機能といえます。