電話口で「年間80万円の仕事は保証します!」とセールスマンは豪語しましたが、「それなら一年間働いて21万円しか実利がない! それじゃご飯が食べられないです」と断りました。何の仕事かも提示せずに「80万円」とだけ金額をぶら下げられても信用できません。

80万円の仕事なんて、セールスマンが絵に描いた餅。もし80万円の仕事がない場合、この会社にクレームをつけても「あのセールスマンが勝手に言ったこと。彼はもう辞めたので当社には分からない」と逃げられちゃうかもしれません。

【当社のシステムに参加しませんか?】
当社とある大手企業が契約して長期のお仕事があります。毎月会費を1万4800円負担してください。これはみなさんに円滑にお仕事をしていただくために必要な費用です。仕事は永久的にあります。あとは、アナタご自身が当社のシステムに参加されたいか、どうかだけです!

この電話は非常に印象的でした。というのも、最初に掛けてくるのは、とても電話に不慣れな若い女性なのです。まず「ゆみ子さんは、在宅でできるお仕事に興味がありますか?」と尋ね、こちらがYESといえば「少々お待ちください」とオルゴールを流します。数分(結構長かった!)待たせた後、電話に出てくるのはチャキチャキで早口の女性です。あまり細かい説明はせず、とにかく自分のところにある仕事が欲しいか、欲しくないのかと迫ってきます。少しでも突っ込んだ質問をしようものなら、「当社のシステムにご興味がないなら失礼します」で、ガチャン。

月々1万ちょっとで仕事がもらえるなら・・・と、クラッとする人を探しているみたいですね。先の例よりも金額が小さいですが、とにかく“人を集めている”という感じで、チリも積もれば何とやら、で商売しているようでした。

もっと巧みなセールストークもあります。それは・・・