その会社において、自らが成長できるのかを吟味する

自分の夢に近づく作業として、「試すこと」「人脈作り」「働く意義の獲得」の3つを挙げたが、これはあくまでも手掛かりであって、自らがそのチャンスを掴み取る力を持たなくてならない。

チャンスを掴み取る力は三種類ある。それは「知識」と「スキル」、そして「リーダーシップ」だ。

「知識」は、例えば海外で働きたいなら、英語はもちろんその国の語学を習得しなくてはならないし、起業したいならアカウンティングやマーケティングの知識も必要だ。やりたい仕事によっては資格が必要な場合もある。

「スキル」は、例えばゲームデザイナーになりたければゲームプログラミングのスキル、営業のプロになりたければ営業のノウハウ、テレビ番組のプロデューサーになりたければアシスタントディレクターで経験を積まなくては難しいだろう。

そして「リーダーシップ」。これが一番難しい。リーダーシップとは「チームに目標達成を促すよう影響を与える能力」(出典:『組織行動のマネジメント』ステファン・P・ロビンス)。この力を持たなければ、「自分がやりたいこと」を具現化することができない。

この中で「知識」「スキル」はプライベートの時間を活用することで補えるが、「リーダーシップ」だけはチームで働きながら失敗を繰り返し獲得していくものであり、最も習得が難しい。ある意味どこの会社でも獲得できる力であるが、できればその会社にリーダーシップに優れた人がいて、リーダーシップが発揮しやすい職場であることが望ましい。その中でリーダーシップに優れた上司や同僚、部下と揉まれながら構築できれば最高だ。

新卒のみなさんにとっては、まずは「リーダーシップを持つ上司」と巡り合う事だ。上司は選べないのでどうしようもないが、個々人が輝いて働いている職場かどうかは、先輩に会ったり、職場を見学すれば少しは掴めるだろう。また、リーダーシップを獲得する研修プログラムがある会社だと、もっといい。このあたりは人事に聞けばわかるだろう。

とにかく、一番重要なポイントは、その会社に自分が「成長できる」土壌があるかどうかだ。もちろんみなさんはまだ働いた経験が無いのだから、どんな会社でも「成長できる」かもしれない。でも、自らのキャリアプランにおいて、最も習得が難しい「リーダーシップ」が獲得できる会社かどうかは、一度考えてみる価値はあると思うよ。


※リーダーシップはマネジメントとは違います。このあたりは難しいので、次の機会に詳しく書きます。

※リーダーシップが獲得できそうな会社といえば、有名どころで言えば日産自動車でしょう。カルロスゴーンは日産を再生させる際に、改革に積極的な若手社員から構成される組織横断的なクロス・ファンクショナル・チーム(CFT)を立ち上げ、改革の原動力にした。決してトップダウンではなく、自律的なCFTでの集中的な議論を通じて、彼らに当事者意識を持たせ、改革の強力な支持者に仕立て上げることに成功したのだ。そのマインドは改革後も引き継がれている。その証左として「日産ラーニングセンター マネジメント インスティテュート」を開校している。経営者の育成を主たる目的とした研修施設だ。私もここで学んでみたい。


※次のページで、その会社で出世するキャリアプランを考えてみる