目に留まったあるレジュメ

職業柄、私も多くの方のいわゆる職務経歴書に目を通すことが多いです。新卒のエントリーシートから、若手1~3年目の方、はたまた10年以上勤めている方、さらにはコンサルティング会社のパートナー級まで、下は22歳から上は50歳まで、本当にいろいろな年代の方のレジュメを見ています。

その中で、最近ふと目に留まったレジュメがありました。自己PRの欄に、とてもいいことが書いてあったのです。そもそも皆さん、自己PRって何を書いていますか?皆さん面接ではどのような力をアピールしていますか?特に新卒の人、もしくは、1~3年目のいわゆる第二新卒という方。

「プレゼン力があります」「チームをまとめます」といったものもいいかもしれませんが、新卒や実務経験の浅い方だと、「それ本当?」と突っ込みたくなるのも面接官の性分です。あまり大げさなことを書いていても実を伴わないとかえってイメージがよろしくなることもあります。

私が目に留まったレジュメですが、まだ1~3年目の若手で第二新卒のかたなで、このように書いてあったのです

なんて書いてあったと思いますか?

さて、そのレジュメ、なんて書いてあったと思いますか?コミュニケーション能力?それだとちょっと抽象的ですね。やる気、体力?それもありきたり。実は、こうかいてありました。

「私の最大の強みは聞く力です」

聞く力!です。なるほど、と思いました。聞く力、というのは、この方は次のようなものだと自分なりに定義してエピソードを交えてアピールしていました。
  • 相手の背景や、立場、声、ニュアンスなどの言葉には出てこない部分にあたまをめぐらせる。相手がどうしてその考えにいたったのかを想像する。
  • 一方的に話を聞くのではなく、話を咀嚼した上で自分なりの仮説や解釈をぶつけて、相違点、共通点を探す=深い理解につなげる。そのための質問力。

この2点とも、うならせられました。まさに、それが大事なのです。