「地獄の沙汰も金次第」とはよく言ったものですが、海外で暮らすのにも当然お金は必要です。クレジットカードや国際キャッシュカードなど、便利な選択肢が増えた分、かしこい使い分けをしたいですね。


海外にお金をもっていく方法
すぐに使えるお金の管理
長期的に使うお金の管理


海外にお金をもっていく方法

海外にお金をもっていく方法
やっぱり現金?それともカード?
海外で働くといっても、先立つものは必要です。さまざまな管理方法がありますが、メリット・デメリットを考え合わせたうえで上手に使い分けることがポイントです。

おおまかに考えると、比較的短期の滞在の場合には、日本同様に現金やクレジットカードが便利です。また、長期での滞在が予定される場合には、銀行口座を開設して日本から送金するなどの対応が必要とされます。これから、それぞれのメリット・デメリットをもう少し詳しくみていきましょう。

すぐに使えるお金の管理

以下、すぐに使えるお金を管理するのに最適な方法です。

●現金
とにかく、到着してすぐに使えるところが現金のいいところ。交通費や生活費の一部などは現金で持っていくと融通をきかせやすくなります。メリットとしては、使いたいときにすぐ使える、使いすぎなくてよい、現地通貨に慣れることができる、など。逆にデメリットとしては、レートが比較的不利になることと、盗難などにあったときに取り戻すことが難しい点です。
【購入場所】銀行、空港などの両替所

●クレジットカード
日本でも大活躍のクレジットカード。とくにVISAやMASTERなど世界中で通用するカードを持っていると便利でしょう。海外のホテルなどではカードがないと宿泊できない場合もありますので要注意。利用のメリットとしては、現金が不要になるということや、保険などのサービスが付いていること。逆にデメリットとしては、使い慣れていないと使い過ぎで首がまわらなくなることも。さらに、最近ではカード盗難や悪用被害なども心配です。
【購入場所】出発前にクレジット会社に申し込む

●国際キャッシュカード
日本にある銀行口座から海外のATMで直接現金を引き出すことができる便利なサービス。メリットとしては、直接現地通貨で引き出すことができるので両替の必要がないこと。逆にデメリットとしては、対応していないATMもあるということや、利用手数料がかかるという点です。有名なところでは、シティバンクが昔からこのサービスを手掛けています。
【購入場所】出発前に銀行で国際キャッシュカードを申し込む

次のページからは、長期滞在にふさわしい管理手段についてお伝えしたいと思います。