中国の取引先と商談。何級くらい必要?

仕事に必要な級の目安

では、仕事で使うなら何級を目指せばよいでしょうか?

●仕事で使う目安●
電話取次ぎ・・・2級
営業事務、貿易事務などで定型文を中心としたやりとり・・・4級
秘書、アシスタントとしてのやりとり、日常的なアレンジなど・・・6級(文科系大学入学の最低ライン)
海外営業などで込み入った話を理解、交渉ごと・・・8級
通訳・翻訳などの語学の専門職・・・10級

もちろん、社会経験のある人であれば痛感しているはず、資格をとれば即仕事になるというわけではありません。重要なのは実務経験や仕事への姿勢。
特に営業や交渉ごとなどは、言葉だけなく、文化や考え方の違いへの理解も必要ですよね。


関連リンク
語学を活かしたい人必見!の英語・中国語特化の転職サイト
アジア各国就職事情
中国語などの仕事・求人情報[All About 語学を活かして働く]
語学(英語以外)をブラッシュアップ[All About 語学を活かして働く]
[All About 中国語]

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。