<回答>
マンパワー・ジャパン
キャリアサーチパワー本部 シニアコンサルタント 伊藤純代さん

IT、金融で採用活発。 中国語・韓国語も


一昨年を底に、求人自体は徐々に増えています。特にITが復活、弊社が以前から力を入れている金融でも、金融再編の影響からフロント、ミドル、バックとあらゆる職種で求人が増えています。ITは特にWebプログラミング、社内SE、メンテナンスが多いですね。
事務系も増えています。いままで派遣で補っていたところを正社員採用に移行している企業も多いです。
語学力はますます必要とされていますね。特にここ最近、中国語、韓国語の求人が増えています。中国語では、中国に進出している日系企業や日本に進出している中国企業でのマーケティング、営業、貿易事務、現地法人立ち上げ、経理など幅広い職種で求人がきています。中にはその職種での経験はなくても語学力があればOK、というものもあります。語学力も日常会話程度で大丈夫というものが多いですね。韓国語に関しては、Webやゲーム関連の韓国企業での求人が増えています。

社風を見抜くことが大切

「指示待ちでなく、自ら行動できる人」という条件は以前からかわらないのですが、それに加えて、その企業の社風に応じて求める人物像というのはかわってきますね。
その企業はどういう社風で、どんな人を求めているのか、自分がそこに合うか合わないか、は、企業と応募者双方をわかっている紹介会社に相談をするといいと思います。