大学在学中にラジオ番組のパーソナリティとしてデビュー後、テレビやラジオ、エッセイストとして幅広く活躍し、プロレスラーの高田延彦さんとご結婚。現在は奥様として、双子の男の子のママとして、お仕事に子育てにと毎日奮闘されている向井亜紀さんにお話をうかがってきました。

向井亜紀さん
1964年生まれ。埼玉県出身。日本女子大学在学中に、ラジオのパーソナリティとしてデビュー。以後、ドラマ、司会、エッセイの執筆、講演などで幅広く活躍。著書に「おしゃべりなからだたち 向井亜紀式交友録」「16週 あなたといた幸せな時間」「会いたかった 代理母出産という選択」「家族未満」などがある。94年1月、プロレスラーの高田延彦と結婚。双子の男の子の母親。
撮影/福村順平

ブログの更新が振り返りの時間

―(ガイド)ブログでは、毎日のご様子がよくわかります。いつ書いていらっしゃるのですか?

向井亜紀さん:毎週金曜に大阪へ行き、一泊して土曜の朝、旅の情報番組に出演するという生活を16年間続けているのですが、その移動中の機内でデジカメで撮った写真を見ながら、今週は何があったっけなんていう風に振りかえります。週に一度の更新ですが、1つのいい区切りになっているんです。物思いにふけりすぎて、東京-大阪間のフライト時間中に書ききれなかったりもしますが(笑)。金曜日に更新しないと、読者の方から「何かあったかと思って心配してました」というメールをもらうこともあるんですよ。

意外?!実は、ネガティブ

―(ガイド)はじけるように楽しそうな雰囲気が伝わってきますね。

向井さん:楽しいことを書かないと、だんだんネガティブになってしまうからなんです。実は私、普通にしていると、これもだめだった、あれも失敗したと考えるタイプなんです。だから意識して、「今日は、空がキレイだった」とか、「きれいな色のマフラーを見つけた」とか、「お花屋さんのミモザがキレイだった」とか、「子どもがこんなことを言ってくれた」とか、小さいことでもいいので楽しいことを数えるように心がけていて。


お話をうかがっていても、元気いっぱいで笑顔が素的な明るい方という印象ですが、実は、つい出来ないことを数えてしまう方なんて意外ですね。次は、お子さんたちが通う幼稚園での様子を教えていただきました。