35歳転職限界説
あなたは今の会社、仕事で満足できますか!?
<INDEX>
35歳、このまま行くか、それとも……
転職のリスクを乗り越えた2人の体験談
ハードルを乗り越えるための転職ノウハウ


35歳、このまま行くか、それとも……

「35歳限界説」が言われ出したのは、いまから20年ほども前のことです。しかしそれは、コンピュータ業界におけるプログラマーに関してのことでした。

当時のコンピュータ業界は黎明期。まさに日進月歩の世界で、勉強を続けなければ技術に追いついていけない。一方で、ソフトウエア開発は典型的な労働集約型産業で、受注開発が中心ですから納期の関係で徹夜もザラ。体力や気力も要求される。そんなところから出てきた言葉なんですね。

本来ならプログラマーからSEへとスキルを上げていく人がほとんどの中で、プログラムの何たるかを追求する研究職でもなければ、ただ、歳をくっただけのプログラマーは使えないのいうのが実態でした。

ところで、今日でもこの「35歳限界説」は生き残り、むしろコンピュータ業界だけでなくありとあらゆる業界でまことしやかにささやかれていますが、実のところ、中途採用で求人件数がガクンと少なくなってしまうのは、おおむね40歳を過ぎた辺りです。30代では、35歳までに比べれば数は減りますが、まだ選択の余地はあります。

とはいえ、30代後半は、不惑を前にしてスキルの完成に向けて仕上げに取りかかる時期だといわれます。立場的にも、大企業でなら係長クラス、中小企業なら課長クラスで、そこから上に上がれるかどうかはこの時期の過ごし方次第で決まるというわけです。

はたして、あなたがいま置かれている状況は、これからの4~5年の間に、自分を商品として仕上げられるだけの環境にあるでしょうか。改めて真剣に考えてみる必要があります。

そのうえで、もし、上がつかえてポストの空きがないとか、いまの会社、仕事ではこれ以上のスキルアップが見込めない、入社から10年経って同僚との差が気になる、といったことがあるのであれば、思い切って、新しい環境で、自分のさらなるスキルアップを図ることも考えなければなりません。

35歳前後ともなれば、ほとんどの人が結婚して家庭を構えていることでしょう。家族がいれば、当然、考え方も保守的にならざるをえませんが、だからといって、40歳になるまで現在のレベルのまま過ごしたのでは、いまの会社に残ることすらおぼつかなくなってしまいます。

そのときになって転職しようとすると、こんどは求人件数が極端に少なくなるだけでなく、質の面でいっても、これまでのキャリアを生かして転職しようとするのは難しいのです。

参考までに、日本労働研究機構が2000年4月に発表した『求人の年齢制限に関する実態調査』から、求人職種の上限年齢が40歳を超える職種とその上限年齢を示しておきます。管理職以外は現業職が多い点からみて、これまでの職業能力を生かせるか、違う仕事に一からチャレンジするか分かれ目がこの辺りにあるといえそうです。

宅配などの配達職41.1歳
総務・人事等の事務系管理職41.5歳
保険・医療・介護サービス42.5歳
生産現場の技能職、製造職42.8歳
調理師42.9歳
飲食店などの接客サービス43.5歳
看護師44.0歳
技能系管理職44.5歳
建設・土木職44.7歳
タクシーや社用車の運転手52.4歳
清掃・雑務職58.2歳
警備・保全・守衛職58.6歳