混雑率のレベルの違いとは?

通勤,電車,混雑率,首都圏,地下鉄,私鉄,JR,通勤ラッシュ

通勤ラッシュの混雑率


国土交通省が、首都圏の鉄道のピーク時混雑率について、2017年度の調査結果を発表(公共交通の「快適性・安心性評価指標」について)。これによると、一部のJR路線などで混雑率の改善が見られ、混雑率180%超の路線が12路線から11路線へと減少しています。ところで、混雑率にはどんなレベルがあるかご存知でしょうか?
  • 100%:乗客全員が座席に座るか、つり革につかまっている状況。
  • 150%:肩が触れ合う程度で、新聞が楽に読める。
  • 180%:体が触れ合うが、新聞は読める。
  • 200%:体が触れ合い、相当圧迫感があるが、週刊誌程度なら何とか読める。
 

混雑率ワースト路線

さて、混雑率の違いがわかったところで、いよいよ気になるランキングを発表します!
  • 第1位 東京地下鉄東西線:199%
  • 第2位 JR東日本総武緩行線:197%
  • 第3位 JR東日本横須賀線:196%
  • 第4位 JR東日本南武線:189%
  • 第5位 JR東日本東海道線&東京都日暮里舎人ライナー:187%
  • 第7位 JR東日本京浜東北線:186%
  • 第8位 JR東日本埼京線&東急田園都市線:184%
  • 第10位 JR東日本中央快速線:184%

とうとう混雑率200%を超える路線が0になったのは、とても喜ばしい状況。全体的に見ると、ワースト10の10路線中7路線がJR路線。ワースト10ランキングのJRの地位は、やはり磐石と言えそうですね。
 

混雑率ワースト区間

では、混雑率が高い区間はどうなっているでしょうか!
  • 第1位 木場→門前仲町(東京地下鉄東西線):199%
  • 第2位 錦糸町→両国(JR東日本総武緩行線):197%
  • 第3位 武蔵小杉→西大井(JR東日本横須賀線):196%
  • 第4位 武蔵中原→武蔵小杉(JR東日本南武線):189%
  • 第5位 川崎→品川(JR東日本東海道線):187%
  • 第6位 大井町→品川(JR東日本京浜東北線):186%
  • 第7位 池尻大橋→渋谷(東京急行電鉄田園都市線)&板橋→池袋(JR東日本埼京線):185%
  • 第9位 中野→新宿(JR東日本中央快速線)184%
  • 第10位 新小岩→錦糸町(JR東日本総武快速線):181

東西線が堂々の二冠達成となっています!ワースト10の区間に2区間も入っている「錦糸町」「武蔵小杉」「品川」の3駅で乗り換えする人はかなり大変なことが伺えますね。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。