妊娠中の電車通勤で心がけることはコレ!

ラッシュを避けるために「時差出勤」を利用

働く妊婦にとって、電車通勤はかなりの負担。「産休に入るまで働きたい」と考えているのなら、少しでも負担を減らしておく必要があります。時差通勤、勤務時間の短縮など、勤務先と相談してみましょう。

出典: これでつわりは怖くない 働く妊婦の通勤術 [出産準備] All About

パートナーと一緒に通勤する

つわりのひどい女性が電車に乗ると、こもったニオイで、「ウッ」とこみあげてくることも…。一番ツラい時期は、パートナーと時間を合わせて通勤するなどして、なんとか乗り切りましょう。

出典: 働く妻のつわりケア 夫のアクションプラン [出産準備] All About

席をゆずってもらうにはコツがある!

どうしても立っているのがツラく、席を譲ってほしい時には、「席を譲ってくれそうな人」を観察してみるといいとか。ただし、譲ってもらった時の感謝の気持ちはキチンと伝えるのが鉄則です。

出典: つわりのときの通勤対策 [妊娠初期] All About

都心住まいの方は、通勤がラクな沿線で通勤する手も

妊婦にとっての満員電車はまさに苦行! 今利用している路線が混雑する路線なら、別ルートを研究するのもアリかもしれません。首都圏の通勤がラクな沿線、混雑率が低い線、座って通勤できる始発駅などの情報はチェックしておきましょう。

出典: 終電、混雑度……通勤がラクな沿線は? [住みたい街 首都圏] All About

妊婦こそ覚えておきたい「マタニティマーク」のちょっとコワ~い話

大変残念なことですが、誰もが“電車で乗り合わせた見知らぬ妊婦”に手を差し伸べる社会ではないということを頭の片隅に置いておいた方が良さそう。マタニティマークを見て、「これ見よがしにつけて」と不快感を示す人も中にはいるようです。

出典: マタニティマークは電車で役に立つのか? | All About News Dig(オールアバウト ニュースディグ)