土鍋から有害物質! 一方、「有害」歯磨きはついに全面禁止!

画像の代替テキスト
土鍋でぐつぐつ煮ていると、まわりの縁に「謎の物体」を発見! 食べる前に気づいてよかった……。
写真提供:フリー画像素材EyesPic
今年1月、札幌市の男性が中国製土鍋で鶏肉を煮ていたところ、鍋の縁に銀色の付着物を発見! 販売業者ニトリと北海道立消費生活センターが調べたところ、有害物質である鉛とカドミウムが検出され、同社と輸入業者ホリシン(新潟県)は2万2,000個を自主回収へ。

鉛を取り過ぎると腎機能障害などを引き起こす恐れがある一方、カドミウムには発ガン性があります。でも、札幌市や新潟県は「明確な法律違反ではないため、回収命令は出せない……」。国の安全規制は不充分?

一方、2ページで見た外国と同様、国内の中国製練り歯磨きでもジエチレングリコールの混入が発覚! 9社12製品の使い捨て歯磨きセットのほか、6月末には、家庭用の常備練り歯磨き「三七歯磨」でも、検出が判明しています。輸入販売元のフィブロ製薬は、「健康には影響がない」としつつも自主回収へ……。このように各国で検出が相次ぐ中、中国側は7月11日になってついに、「ジエチレングリコール使用の練り歯磨きの生産・輸出を全面禁止にする!」。輸入停止が相次ぐ国際包囲網に、有害物質「野放し」の姿勢は転換せざるを得ない?

スーパーのかば焼きに、アメリカと同種の有害物質!

他方、7月13日には、中国で加工され群馬県前橋市内のスーパーで売られていたウナギのかば焼きから、食品衛生法が禁じる合成抗菌剤の使用が判明! 2ページで危惧した通り、やはりアメリカの「二の舞」に……。さらには、神奈川県横浜市内の学校給食用の中国産キクラゲから、基準値の約2倍の残留農薬が検出されるなど、消費者としては「中国からの輸入品の購入は差し控えたい!」と思いたくなるような状況が、まだまだ続きそうです。

1ページで見た「牛ミンチ」事件の渦中の企業は、「身から出たサビ」で自己破産を余儀なくされそうですが、消費者を欺こうとする企業は、結果的に手痛いしっぺ返しを受けるというのがマーケットの厳しい現実。来年北京五輪を控えた中国の企業も、そろそろ「市場の掟」に気づいてもいいのではないでしょうか?

【記事の関連サイト】
●All About「よくわかる時事問題」のサイト
「消費期限」と「賞味期限」はどう違う?
輸入再開!で、アノ牛丼屋はどう変わる?
あの牛丼がまた食べられる?
外交・貿易・テロ・国際問題のニュース
世の悲しみ・恐怖のニュース
企業トラブル・災害・交通事故のニュース


【ガイドからご案内】
●今月の新着記事
お騒がせ!2007年上半期10大ニュース
参議院選出馬! 「有名人」候補の裏事情

●記事の更新案内などをいち早くお届けするメールマガジン
月2回発行、購読は無料です。登録はこちらをクリック→ ガイドメールマガジン登録