現在地球上では森林がどんどん消失しています。そしてガソリンに替わる新しい燃料として今年から日本でも試験販売が行われているバイオエタノールも、その傾向に拍車をかけています。恐ろしい森林破壊の実態を見てみます。

【CONTENTS】
どんどんなくなる地球上の森林(1P目)
さらにハイペースでなくなっている熱帯雨林(1P目)
何が森を消滅させているのか?(2P目)
森林が破壊され……そして何が起こる?(3P目)
バイオエタノールでさらに森林破壊が進むのか?(3P目)

どんどんなくなる地球上の森林

1万年ほど前の地球には、原生林が手付かずのまま豊富に残っていました。当時は人類も文明をあまり持たず、次々と森林を伐採していく技術もなかったからです。ところがそれが19世紀、20世紀になって大きく変わり、文明を持った人類は地球上の森林を次から次へと伐採し、あるいは焼いて破壊しています。

FAO(国連食糧農業機関)のデータでは、現在で世界に残っている森林面積は35~40億ha(ヘクタール)ということです。そして毎年破壊されている森林の面積は1300万haですが、再生なども行われているので、実際の消失面積はもっと少なくなっています。

2000年から2005年までの間に消失した森林面積は、毎年平均で730万haであるとFAOは発表しています。このペースで行くと、あと何百年かで地球上の森林が全てなくなってしまいます。

さらにハイペースでなくなっている熱帯雨林

Ron Nielsen氏の著書
文中でお話しているRon Nielsen氏の著書。
このように、ゆっくりではありますが着実になくなっている森林の中でも、熱帯雨林はかなり深刻な事態になっています。Ron Nielsen著の『The Little Green Handbook: Seven Trends Shaping the Future of Our Planet』によりますと、昔は15~16億haほど地球上に存在していた熱帯雨林が、現在では約半分の7億5000万~8億haしか残されていません。

もちろん熱帯雨林の消失はこのまま止まるわけはなく、今後なんらかの措置を採らない限りは、2030年までの現存の熱帯雨林の80%が消えてしまうであろうと述べています。そうなってくると、何十万もの動植物種が絶滅することになります。

→次ページでは、森林消失の原因を詳しく見てみます。