今年ももうすぐバレンタインデーがやってきます。日本では女性が男性にチョコレートをあげて愛を告白する日として、全国的なイベントになっています。しかしこのバレンタインデーという日は、外国では何をするのでしょうか?日本と同じようにチョコレートをあげたりする習慣はあったりするのでしょうか?

【CONTENTS】
欧米では普通の記念日と同じ(1P目)
アジア各国の面白い習慣(1P目)
なぜ日本では今のようになったの?(2P目)
製菓業界のキャンペーンによって除々に浸透(2P目)
今年初上陸する期待のブランド達(2P目)


欧米では普通の記念日と同じ

恋人
欧米ではお互いに贈り物をしてバレンタインデーを祝う。
まずは欧米から。欧米ではバレンタインデーは「恋人たちのための日」というものであり、クリスマスなど他の記念日と同じようなイベントになっています。つまり贈り物も女性から男性の一方通行というわけではなく、男性から女性もあり、また家族間でもあったりします。

そして贈られる物も、日本のようにチョコレートだけと決まっているわけではありません。もちろんチョコレートもありますが、その他にも花だったりカードだったり、あるいはチョコ以外のお菓子だったりと、いろいろな物がプレゼントとして贈られています。

当然ながら日本のような「義理チョコ」という習慣もないので、贈り物はあくまで親しい人だけに渡されます。欧米でのバレンタインデーは、どうも日本とは全く違う方向に発展してきたようですね。

アジア各国の面白い習慣

今度はアジア各国のバレンタインデーの習慣を見てみましょう。お隣の韓国では、日本と同じように2月14日には女性が男性にチョコレートをあげるという習慣が定着しています。また、3月14日のホワイトデーも、日本と同じように男性からお返しをする日として根付いています。

ところが韓国ではさらに、4月14日に「ブラックデー」というイベントまであるのです。このブラックデーという日は、バレンタインデーに何ももらえなかった男性が、韓国料理のチャジャン麺を食べて自分を慰めるという日になっています。

また台湾では、欧米のように女性からだけではなく男性からも贈り物をする、恋人たちのための日になっています。むしろどちらかというと、男性から贈り物をするケースの方が多いくらいです。そして台湾では、バレンタインデーに該当する日は年に2回あります。1つは欧米や日本と同じ2月14日、もう1つは旧暦の7月7日にあたる日です。この日は現代の暦では、8月中旬頃になります。

→では日本でチョコレートを贈る習慣が根付いたのはなぜなのでしょうか?