必需品その5:パーソナルシュレッダー

自宅で仕事をする時の大きな問題が、機密書類の破棄です。間違えて印刷をしてしまったり、不要な書類を持ち帰ってしまったりして、自宅で機密書類を破棄したくなった経験はありませんか? しかし、せっかく効率性をよくするために、仕事を持ち帰るのにも関わらず、下手に処分して機密情報の漏洩につながってしまっては、まったく意味がありません。

そんな時活躍するのが、パーソナルシュレッダー。うちで使っているのは、A4サイズが同時に5枚、クロスカットで裁断出来るタイプのものです。ホームセンターで4000円ぐらいだったと思います。

パーソナルシュレッダーの裁断方法には2種類あるので注意が必要です。1つはストレートカットと言って、細長く裁断するタイプ。もう1つはクロスカットと言って、短冊状に細かく裁断するタイプ。ストレートカットの方が安価ですが、機密性の観点からすればクロスカットの方が安全でしょう。

必需品6:ファイルのバックアップ環境

ファイルのバックアップ環境
常日頃から、必要なデータはバックアップを取っておくようにしましょう

実は「仕事がはかどる」とはあまり関係のないポイントなのですが、個人的に最も重要だと考えているのでご紹介したいのが"バックアップ"。

みなさんは、「ハードディスクには寿命があり、いつかは必ず壊れる」という事実をご存知でしょうか?

私もあまり詳しくはありませんが、寿命は一般的には5年程度と言われているようです。つまり、何年か経てば、多かれ少なかれ全てのハードディスクは必ず壊れるということなのです。

また、自宅と会社の間を持ち歩くノートパソコンなどは、振動の影響でさらにハードディスクが壊れる確率が高くなるようです。

ハードディスクが壊れてしまえば一巻の終わりです。最近では、データ復旧をしてくれる会社もありますが、それだけのお金と時間がかかります。また復旧してもらっている間は、仕事はストップしてしまいます。

私自身も、コンサルタント時代に、最終報告会の前日にハードディスクが壊れてしまい、100枚以上の資料を全て作り直したという苦い経験をしたことがあります。

最近では、USBやLANで簡単に接続できる大容量ハードディスクを売っていますから、転ばぬ先の杖で、常日頃から、必要なデータはバックアップを取っておくようにしましょう。私は現在は、会社で2カ所、自宅で2カ所の、合計4カ所にバックアップを取っています。

会社よりも仕事がはかどる自宅づくりのための必需品、いかがでしたか? 全てをそろえるにはそれなりにお金がかかってしまいますが、1つ1つのアイテムは決して高いものではありません。ご自分に必要な設備投資を行って、ぜひ仕事の効率アップを実現して下さい!

※ なお、会社によっては、会社外へのデータの持ち出しを禁止している場合がありますので、規則の範囲内で効率アップをはかって下さい。

【関連記事】
重要・緊急マトリクスで時間管理の達人に


■All Aboutで「毎月の家計」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※毎月5名の方にAmazonギフト券1000円分をプレゼント

「毎月の家計についてのアンケート」に回答する


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。