がっちり稼ぎますよ!
ウチが作る名刺はがっちり稼ぎますよ!とポーズを取ってくださったお二人。名刺を最強ツールにするために親身に相談にのってくれるビジネスマンの味方です!
ガイドである私は、仕事で独立したときに名刺を作りました。それには、似顔絵が入っています。近所の印刷所で手軽に済まそうと思っていたのですが、知人から「この会社が作ってくれる名刺はとにかくスゴイよ!」そう薦められ、お試しに……と軽い気持ちで作ってみたところ、確かにスゴイ!顔も覚えてもらえるし、対応できなくなるほどの仕事を戴いて、好調なスタートを切る事ができました。でも、それは私だけではないようなのです。

「この会社が作ってくれた名刺は稼ぐ」そのような反響が続々と寄せられ、ラジオ・ビジネス誌・新聞も取材に来るほど。紹介・口コミ・人脈を稼ぎ出す名刺の秘密をシルク似顔絵マネジメント代表の小野 勝彦氏と宏美さんにお話を伺いました。

今までの名刺デザイン


――通常「名刺」と呼ばれるものと、シルク似顔絵マネジメントさんが作っている名刺の違いを教えてください

小野
私たちは、元々印刷業にいたのですが、名刺というと「名前は下に置く」「会社のロゴはここ」といった、あくまでも「文字の配置」の領域で仕事をしていました。そもそも、それでは会社名と住所、電話、そして部署と名前。それだけしか伝えられないのです。それがもどかしかったのです。だから、独立した時に思ったのは、それまでの常識を破ること。その人の人となりだとか、想い。扱っている商品や、どんな気持ちで仕事をしているのだとかを伝えられる名刺を作るようにしたのです。

――人となりだとか、想い。どんな気持ちで仕事をしている…そういうのは、名刺でなくても会話でできるのでは?

小野
それもそうですけれどね、初対面のお客様にいきなり売り込みをかけるのでは、失敗の確率が高すぎませんか?

――ああ、確かにそうかもしれませんね。熱く語れば語るほど、お客様は引いて行く…そういうの、私も経験あります。

小野
今までの名刺は、会社名・氏名・連絡先だけなら、ただの「お知らせ」で終わりですものね。従来の方法では、名刺を見たお客様がどういった行動を起こすかは何も考えずに作っていますから。


――売り上げが増えるなんてことが、本当にあるのですか?

小野
名刺を変えただけで、売り上げが前年度比136%というクライアントさんもいますよ。

――えー?それはスゴイ!!

小野
名刺を変えてからの変化というと、まず第3者の紹介…つまり口コミが増えたようです。こちらとしても、もらいたくなるような名刺作っていますし(笑)名刺を持った本人も配りたくなるという効果もあるみたいですよ。

――それは私も経験しました!取引先の社長に「この名刺配ってあげるから一箱よこしなさい」と言われてしまって緊急発注かけましたものね。

小野
そんな事もありましたねえ(笑)

――そんな効果を生んでしまうしかけの秘密はやっぱりアレですか?

小野
そうですねー(笑)

なぜ名刺で稼げるようになるの?そのからくりは次ページへ!