忘れられない人になるには……

初対面から次の人間関係へつなげましょう。
あなたらしい自己紹介は、どんなものでしょう? 一度、棚卸をして見直すことが大切ですね。
短い時間で興味を持ってもらうために、相手の印象に残るように自己紹介をしなければなりません。自分の名前や仕事内容にプラスして、何か特徴を持たせることが必要です。他人とは違う趣味を持っていたり、長く続けていることがあれば絶好のアピールポイントです。初対面の人に印象付けられる自分の特徴を色々な角度から見直してみましょう。

? あなたの名前は、特徴がありませんか?
? 出身地や育成地にある話題は何でしょうか?
? 今までに長く続けてきたことは何ですか?
? 仕事で一番楽しいな、と感じることは何ですか?
? あなたは、第一印象で「○○なひと」と言われることはありますか?

たとえば、あなたの名前が「鈴木さん」「田中さん」「斉藤さん」というよくある苗字であれば、「日本で○番目に多い○○です」ということも出来ますし、逆に珍しい名前だったら、由来や覚え方、よく間違えられる呼び方などを話すと忘れられないでしょう。「よく有名人の○○さんに似ていると言われます」というのもいいですね。

仕事でもプライベートでもどんな話題でもいいのです。あなたに出会ったことを忘れないようにさせる……自分の印象をしっかりと残すために、どんな話をしたらいいのかと考えてみましょう。ちょっとした話題から話が広がり、会話が弾んでいくとパーティはとても楽しい思い出になります。するときっと相手は、次の日に「昨日、パーティで○○っていう人に会ったのだけどね!」と話をしてくれるでしょう。これは、あなたのことがバッチリ相手に印象強く残っている証拠です!

初対面の人と会ったときには、お互いに相手を探ってしまい、ギクシャクしてしまうかもしれません。そんなときは、あなたから笑顔で「はじめまして!」と声を掛けましょう。相手の緊張がほぐれて会話が弾み出したら、今後はしっかりと聞き役にまわることも忘れないで下さいね。初対面から次のステップへと関係を築いていかれるように、あなたらしい自己紹介をぜひ試してみて下さいね!


■関連記事
・飲み会での話し方【歓迎会・送別会・忘年会で使える】
・雑談の苦手意識がなくなる!話が弾む鉄板ワザ


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。