ケンカ
怒りの種は日常にあふれています。あなたはどう対処していますか?
ぐうたらな部下、理不尽な上司、能天気な同僚、無理解な恋人に、口うるさい両親……。ふと気が付けば、あなたの周りには怒りを誘う要因に溢れています。

頭に来た。許せない。ムカツク。ふざけるな。いいかげんにしろ。目の前から消えろ! 思わずカッとなって、怒りを爆発させると、大切な人や物、あなたに対する貴重な意見、尊敬や愛情、友情や信頼など、あなたは色んなものを失ってしまうのです。少し気持ちが落ち着いて、ふと冷静になったとき、あなたはきっと自分の事を責めて深く傷つくでしょう。そんなことが度々あると、いつしかあなたは自分の事が嫌いになってしまうのです。もうすでに「僕はしょうがないヤツだ」「どうして私はいつもこうなんだろう」と自分を愛せなくなってしまった人もいるかもしれませんね。

どうして、人には「怒り」という感情があるのでしょうか。「怒り」に何かメリットはあるのでしょうか。うまく付き合う方法はあるのでしょうか。今回は、怒りについてじっくり考えていきたいと思います。

怒ることはいけないことですか?


あなた自身が怒ってなくても、怒りまくっている上司の側にいるだけで、あなたは、とてもいや~な気持ちになったりしませんか?やはり「怒り」にはロクなことがない……。そう思うでしょう。それでは、以下について考えてみましょう。

●アイディアをバカにされた時。
●約束を破られた時。
●話し方をからかわれた時。
●いわれの無い誹謗・中傷を受けた時。
●意見をちゃんと聞いてもらえなかった時。
●失礼ないい方をされた時。
●ぞんざいに扱われた時。
●暴力を振るわれた時。
●気持ちを無視された時。
●大切にしていた物を壊されたり、失くされたりした時。

こんな時、もしあなたが怒らなかったら? トラブルに巻き込まれたり、嫌な思いをさせられたりして、あなたの心も体も傷つくこととなるでしょう。怒りがこみ上げてくるということは、あなたを守るための防御本能であり、それはとても自然なことなのです。自分自身を大切にしたいという気持ちはとても重要です。なぜなら、自分を大切にできない人は、他人を大切にできるはずがないからです。まずは、自分から。その気持ちが悪いものであるはずがありません。

しかし、怒りはとても強力なパワーでもあるので、思わぬギフトをもたらす事があります。マハトマ・ガンンジーはインド人であることを理由に列車からつまみ出された差別体験から強烈な怒りを覚え、弁護士の職を捨てます。そして、その決断はインドをイギリスからの独立に導く大きな原動力となりました。当時大流行していた天然痘に猛烈な怒りを覚えたエドワード・ジェンナーは、独自に開発したワクチンを8歳の子供に接種するという人体実験を行います。しかし、このチャレンジがあまりにもショッキングであったため、イギリス議会より賞金が贈られても医学界はこの名誉をなかなか認めませんでしたが、彼の功績により天然痘は地球上から消え、根絶された唯一の感染症となるのです。そのほかにも劣悪で貧しい境遇に対する怒りを抱え、それを「お金を稼ぎ出す」行動力に転換し一代で財を成した大富豪も多いのです。

分別のある立派な大人でありたいと誰もが願っています。そのために「怒ることはいけないことだ」と怒りを押し殺しているうちに、怒っている気持ちが、心の奥底で、コンクリートのように硬く冷たく固まってしまうことがあります。それが知らないうちにあなたの人生や感性をねじ曲げてしまうこともあるのです。そんな怒りは、臨界点を超えてしまった時に「攻撃」となって爆発してしまいます。その攻撃が他人に向かえば取り返しの付かないトラブルとなり、自分自身に向かえば精神的に追い詰められ、心が崩壊してしまうことすらあるのです。

むしろ、怒るということはあなたの心が健康で、正常に機能しているという事でもあるのです。怒りを暴走させさえしなければ、怒ることは悪いことではありません。

「怒り」を、あなたの支配者としてではなく、良き友人として付き合いっていくにはコツがあります。それは次のページでご紹介するとしましょう。

怒りの感情との付きあい方は次ページへ!