スマートシャンデリア

スマートシャンデリア

写真4,スマートシャンデリアの形状・色温度のバリエーション

導光板表面加工

写真5,光の彫刻のような導光板部分(フラット型)

スマートシャンデリアは、内蔵のLEDが、導光板を光らせています。口金は、E26とE17タイプがあり、LED電球の一種になりますが、ランプ自体を装飾として見せるという考え方で、白熱電球の代替品としてのLED電球とは一線を画しています。

光色は、3000K(電球色)と5500K(昼白色)があり、本体の色は、パールホワイトとブラックから選べます。

E26口金ランプの形状は、先端がV字形状のLONG/V(ソケット部分も含めて全長163.5mm)、写真5のような先端がフラットなLONG/F(全長164mm)、導光板部分の長さが短いMIDDLE/F(全長144mm)、先端にロゴマーク等を特注で入れられるCUSTOM(全長164mm)の4タイプがあります。W数は、いずれも3.1Wで、ランプ寿命は40,000時間です。
※E17口金ランプでは、全長が異なります。

近未来的なイメージと光の彫刻のような美しさで、複数のランプを配灯デザインを考えながら設置すると、とてもきれいで興味深い照明空間が表現されます。また、鏡面の壁や天井に取付けても面白い効果を生みそうです。価格は5,000円(税抜)と手頃なので、住宅照明での活用も期待できるのではないでしょうか。

今回ご紹介したスマートシャンデリアはオンラインショップで購入することができます。
詳細につきましては株式会社トライテラスのHPをご参照下さい。

【関連記事】
「住宅照明がLEDに変わる1」
「住宅照明がLEDに変わる2」
「住宅照明がLEDに代わる3」
「LEDの色温度を考える」
「LED NEXT STAGE2010」



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。