歴史を感じさせる洋館に、斜面に配された西洋庭園、そして低地に佇む日本庭園。そこには、都会の喧騒を忘れさせてくれる空間があります。

旧古河庭園は、もと明治の元勲・陸奥宗光の別邸でしたが、彼の次男が古河財閥の養子になった時、古河家の所有となりました。

洋館と洋風庭園の設計者は、イギリス人のジョサイア・コンドル博士(1852~1920)です。博士が自ら設計した建築には、このほか、旧岩崎邸、鹿鳴館、ニコライ堂などがあります。

石造りの洋館は、英国貴族の邸宅にならった古典様式で天然スレートぶきレンガ造りです。外観が赤味がかって感じるのは、外壁に伊豆真鶴産の安山岩を使用しているからだそうです。雨にぬれると、より落ち着いた色調になるとか。

庭園は、バラ園を中心に三段のゆるやかな階段状。左右対称の幾何学模様の刈込のフランス整形式庭園と石の欄干や石段・水盤などの立体的なイタリア露壇式庭園の技法を組み合わせたものとのことです。今にも、茂みからドレスを着た婦人が出てきそうな雰囲気です。

道なりに沿って降りていくと、そこには伝統的な日本庭園が広がっています。これは京都の庭師である小川治兵衛(1860~1933)の作庭です。彼もまた、平安神宮神苑、円山公園ほか数々の別荘庭園などを作庭し、その後の造園界に多大な貢献をした人でした。