3、日本人の清潔好き


日本人のきれい好きはかなり昔から西洋でも伝えられていました。戦国時代に日本を訪れた宣教師が西洋に比べ日本の町並みや住まいなどが奇麗だったことに驚いている様子がルイス、フロイス著の「日本史」に書かれております。日本人はお風呂にも入るし、家の中も清潔にしている、これだけの清潔な人種は世界でもまれだそうです。そのようなことで、暗がりがあると不潔に見えるところから、私たちは無意識の中で部屋を万遍無く明るくしているのではないかと思われます。

4、部屋の中央を重視



写真3.囲炉裏を囲んだ団らん
昔は、家族団らんが部屋の中程にある囲炉裏を囲んでありました。壁に面して作られ、暖炉の周りに集まる西洋人とは自と生活の場所が異なります。また戦後、核家族の家々は一つの部屋のなかで本を読んだり、ゲームをしたりと部屋でいろいろな人がいろいろな生活行為を行うために部屋の隅々まで明るいことは都合がよかったと考えられます。このような生活の名残から部屋の中央に明るい器具を配灯し、隅々まで明るいことで私たちは安心感を得るものと思われます。

<関連記事>
「明るさ好きの日本人」
「新陰影礼賛1 日本人が愛してきた光と影」
「お部屋の雰囲気UP 一室多灯照明のススメ」

匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。