読者の人から質問をいただきました。
質問:「銀行にローンが残っていて、その抵当権が自宅に付いています。家を売りたいのですが、ローンの金額(残債額)よりも安い値段でしか売れないことが分かりました。今の生活を変える方法はありませんか?」

借金を整理するなら、今のうち


写真のタイトル
地価の値下がりで、家を売っても借金をすべて返せないという状況が家計にも大きな不安を与えている
借金を整理したいのだが、担保に取られている不動産を売っても借金が全部は返せないという状況です。バブル経済崩壊後には、こういうことは企業ばかりではなくて、家庭でもよく起こっています。結論から先にいえば、いろいろと方法はあります。あきらめないで、銀行と粘り強く交渉をすることです。

問題は、どうしたら金融機関が抵当権をはずしてくれるか?ということですが、銀行が納得する方法で将来の返済の計画が立てば、銀行は全額の返済を受けなくても、抵当権をはずすことがあります。

そもそも、抵当権が付いているということは、借金のかたです。ローンを返せなくなったときに、抵当権の実行をして、貸し金を回収するための仕組みです。抵当権の実行というのは、裁判所による競売の実行です。競売で落ちる価格というのは、時価よりも安いのが通常です。だとすれば、銀行はローンの滞納→抵当権の実行→裁判所の競売による回収という方法では、貸し金を全額回収できないことがあります。

銀行が貸したお金を一番たくさん回収できる方法が、裁判所による競売ではなくて、質問にあるような「普通の売却」であることが多く、銀行は自分の回収のためにも、「普通の売却(任意売却)」がベストだと判断します。

ましてや、今の時点で売っても全額返済できないようなローンであれば、コトを長引かせることで、費用も余計にかかります。ましてや、売却額が時間の経過とともに下がってしまえば、銀行が回収できるお金が減ってしまう可能性が高いでしょう。

ただし、銀行が抵当権の抹消に簡単にYesと言わないのは、借りているご本人の経済的環境がそんなに悪いことを認識していないということがあります。借主の切迫感を理解していないのです。そのギャップを解消するには、家を売って生活を変える必要性を銀行にじゅうぶん伝える必要がありますし、自宅売却後も返済を続ける方法と誠意を示す必要があります。

一番の課題は家を売った後の返済計画については次のページで・・・