見学時には目に見えないメリットも記録に残しておく

見学しただけではわからないメリットもきちんとビジュアル化しておきたいところ
Bさんは、暮らし始めてから、このマンションのここがいい!と思った点は「花火が目の前で見えること」だったそうです。特にマンション購入時にそのような謳い文句はなかったのですが、購入後の夏に、近くで行われる花火大会に出かけようとしたところ、出かけなくても、目の前に大きく花火の光景が現れ、とにかくびっくりしたとのこと。

その後、6年余りそのマンションに住まれたそうですが、近所の花火大会の折には、毎年ホームパーティを開かれたそうです。

リビングからも花火は十分楽しめますが、音も一緒に楽しみたいと、リビングに面したバルコニーにはタイルを敷き、椅子やテーブルをしつらい、ちょっとした木々なども置いてリラックスできる空間を作ったそうです。

そこでのホームパーティの様子や、花火の見え方含め写真に残しておき、見学者が来た場合には、その写真をみせたりしたそうです。見学者の中には、そこをいたく気に入られた方がいたとのことで、すぐに売却が決まりました。

具体的な暮らしのイメージができて、それが嗜好と合っていたら、売却の速度はグンと高まります。

できれば普段から、そういったポイントについてピックアップできていると、単に見学しただけではないメリットをちゃんと伝えられるので、メモに書き取っておいたり、写真に残しておいたりしましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。