建物診断をしてきました。
ある企業から所有している研修施設を診断してほしいと依頼を受け診断してきました。
意外なところに雨漏れを発見したのでそれらを一般住宅に置き換えて参考にしていただければと思います。

構造はコンクリート造で屋根は金属板でした。現場に行ったとき軒先廻りが非常に汚れていたので屋根をはがしてみることにしました。

まず、防水用のアスファルトスーフィングがボロボロの状態で全く防水の役目を果たしていませんでした。金属板の裏側もアスファルトルーフィングの汚れがびっしりと付着し、ヘドロ状になっていました。築20年くらいですが、一般にはこうはなりません。

屋根をはがしました
屋根の金属板をはがしたところ。屋根材の下に施工する防水のアスファルトルーフィング(黒い部分)がボロボロになっています。ボロ雑きんのような感じです。
金属板が折曲がっている部分を「はぜ」と呼びます。
金属板の裏にはアスファルトルーフィングが付着
金属板の裏側部分。アスファルトルーフィングがボロボロになり汚れが付着しています。
 次のページではその原因を究明!次のページへ→