祝電には人柄や成長していく様子がわかる一文を

祝電は、披露宴に出席しない人が打つもの。心のこもったメッセージをプレゼントしてあげましょう

祝電は、披露宴に出席しない人が打つもの。心のこもったメッセージをプレゼントしてあげましょう

結婚披露宴に送る祝電の文例・例文(親族編)をご紹介します。披露宴に招待されていない従弟や、何らかの理由で出席できない叔父(伯父)、叔母(伯母)、祖父母は、ぜひお祝いをしたい気持ちをメッセージに込めて送りましょう。ポイントは、幼い頃の温まる出来事や立派に成長していく様子がわかるような一文を入れるとよいでしょう。

祝電のマナーやサービスが知りたい場合は、まず、「祝電・お祝い電報の基本」をチェックしてください。


祝電の例文・文例(親族編)

■○○ちゃんへ
ご結婚おめでとうございます。今日から新しい、いとこが増えしかもとびっきりのイケメンとか。小さい時から面食いだった○○ちゃん、お顔を見る日が楽しみです。

■○○ちゃんへ
ご結婚おめでとう! まだあどけなかったあなたの笑顔が今も思い出されます。
ご両親の温かく豊かな愛情に育まれ、素敵な女性に成長し、喜びのゴールを切った○○ちゃん。幸せな家庭を築くことがご両親への恩返し。遥かな地より、おふたりの末永い幸せをお祈りしています。

■○○さんへ
ご結婚おめでとう。すてきな花嫁ぶりを拝見できずに残念です。ぜひ花嫁姿をお写真で見せてね。子供たちと楽しみにいたしております。お幸せに。

■○○くんへ
結婚おめでとう。あなたが生まれたときのことを思い出しています。小さかった赤ちゃんが、こんなに立派に成長してとてもうれしく思います。そしてこの日が来るのを本当に楽しみにしていました。これからは二人で助け合って温かい家庭を築いて下さい。末永くお幸せに

■○○くんへ
ご結婚おめでとうございます。いつも元気で、まっ黒に日焼けをして遊んでいた姿を思い出します。かわいい花嫁さんと、ぜひ我が家に遊びに来てください。いつでも大歓迎! 待ってますよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。