招待状に欠席の返事を出した場合

結婚式に結成するとき、ご祝儀はどうする?

結婚式に結成するとき、ご祝儀はどうする?

結婚式に招待されたものの、事情があって欠席する場合、ご祝儀はどうすればいいのか、悩みますよね。

お祝いの気持ちを伝えたい場合は、出席した際に包む金額の2分の1から3分の1程度の金額、または相当額のお祝いの品を贈るとよいとされています。たとえば、3万円のご祝儀を包む予定だったのなら、1万~1万5000円ということになります。

ただ、現金で贈るとなると、1万5000円という中途半端な金額はちょっと気になる感じも……。1万円または2万円というキリのいい数字にするか、品物で贈るか、どちらかがスマートな感じがします。あるいは、現金1万円に5000円の品物をプラスし、お金とお祝いの品の両方を送るということでもいいでしょう。

以前自分の結婚式に招待し、ご祝儀をいただいていた場合

上記は一般的なケースですが、自分の結婚式に招待してご祝儀をいただいた人の結婚式に欠席する場合、事情はやや異なってくるでしょう。この場合は、いただいたご祝儀と同額のご祝儀を贈るのが角が立たない方法かなと個人的には思います。たとえば、2万円いただいていたのなら2万円を、3万円いただいていたのなら3万円を贈るのがいいでしょう。

結婚式に出席せず、料理代や引出物代がかかっていないのだから、少なめの金額でいいという考え方もあるでしょう。同額を返すことで、かえって相手に負担を与えてしまうという意見もあると思います。

ただ、「おもてなししていないのに、こんなにたくさんのご祝儀をいただいてしまって申し訳ない」と思うか思わないかは相手の問題です。申し訳ないと思えば、相手はその気持ちに見合ったお返しをするでしょうし、それはそれでいいのではないかと思います。

次ぺージではご祝儀の渡し方を説明します