木造の軸組み
設計図や見積りがまとまり施工業者を決定すると、次は着工です。工事が始まると専門家まかせになりがちですが、できるだけ現場へ足を運んで、家が出来上がる過程をみて欲しいです。それには、まず工事のおおまかな流れを知ることが大切ですね。


木造軸組工法の工期は4~6ヶ月

木造2階建て程度の規模であれば、工期はおおよそ4~6ヶ月が目安となります。これに地階やペントハウスなどを設けるとなると、さらに工期は延びます。

工事は基礎工事から始まり、次に躯体工事へ移ります。躯体工事は、土台をひき、柱を立て、梁をわたし、小屋を組んで最後に棟木を乗せます。この棟木を上げる作業を「建て方」、そして無事に棟が上がったことを喜び、職人さんに感謝して「上棟式」というお祝いをします。
上棟式ってどんな式?

骨組みが完成したら屋根工事に移ります。次いで、窓や外壁の工事へと進みます。屋根工事が終わると、天候に左右されずに進められるようになるため、内部の床、壁、天井工事へと移ります。内部の下地工事と共に、給排水の配管工事や電気の配線工事も一緒に行っていきます。さらに、建具や階段の造作工事へと進み、最後に仕上げ工事です。

【関連リンク集】東京近郊の一戸建て住宅
設計監理報告書を公開します1
設計監理報告書を公開します2
設計監理報告書を公開します3


写真で解説は→次のページへ