日本の住まいのモジュール

一般に日本の家づくりの基本となる寸法(モジュール)は、91cm(半間)×182cm(1間)で1畳の広さです。仮に、364cm(2間)×364cm(2間)だと8畳ということになります。坪でいうと、2畳で1坪ですから、4坪ということです。

玄関、浴室、階段、廊下などはすべてがこのモジュールを基準としています。もしも玄関や浴室が狭いと感じた場合、少しでもモジュールをずらして広くすれば、それなりにゆったりとした気持ちになります。しかし生活をする中で、ずっとその空間にいるわけではありません。狭ければ狭いなりに工夫をすれば、それほど閉塞感を感じることはないのです。

意外と閉塞感を感じやすいのは廊下と階段ではないでしょうか・・・


設計:佐川旭建築研究所

【関連記事】
「壁なし住居」で良い子が育つ
プランニング—動線計画

廊下と階段を考える→次のページへ