借家か、建売りか、それとも新築にするか? 新天地での住居は重要な検討事項であり、また楽しみでもありますね。「わが田舎で暮らしませんか?」とエールを送っている全国の自治体から、ガイドの独断で田舎物件をピックアップ。今回は「空き家編/6」をご紹介。さぁて、あなたにピッタリの住まいは見つかるか!

↓とれたて!全国田舎物件情報/空き家編 バックナンバー↓
・空き家編1 (北海道・岩手・秋田・茨城)
・空き家編2 (山梨・新潟・長野・富山)
・空き家編3 (兵庫・山口・島根・鳥取)
・空き家編4 (広島)
・空き家編5 (愛媛・徳島・香川・高知)

空き家バンクをチェックしよう

写真はイメージです
数年前から「空き家バンク」を運営する市町村が増えています。「空き家バンク」とは、その地に住みたい人と家屋を提供(売却・賃貸)したい人とをマッチングするシステムです。バンクには随時、空き家の物件情報(写真・住所・間取り図・補修の可否など)がデータ化されています。

1.まず移住希望者がインターネットなどを通じてバンクに登録する。
2.希望物件を見つけた場合は、バンクの担当者に連絡する。
3.バンクは空き家の所有者に連絡を取り、移住希望者に引き合わせる。
4.当事者同士で交渉する。又は不動産業者に委託する。(不動産仲介には免許が必要なので、市町村は契約交渉については介入できません)

市町村としては、定住促進により人口減少を食い止めることや、空き家の再利用による景観の維持や防災・防犯の効果、新規移住者との交流による地域の活性化など、さまざまな効果を期待し、空き家バンク事業を推進しているわけですね。

仏の里・昭和の町/大分県豊後高田市

大分県の北東部、国東半島の西側に位置し、域内には、瀬戸内海国立公園及び国東半島県立自然公園を擁し、山間部及び海岸部の自然景観や農村集落景観など、豊かな地域資源を持った地域。

六郷満山仏教文化の環境の中で育まれた郷土芸能や伝統芸能など、その豊かな風土が古来より、人々の心を癒してきた。山あいを訪ねれば、富貴寺大堂、真木大堂、熊野磨崖仏などの文化財、名もない石塔や野仏等に出会うことができる。

豊後高田市のココが魅力
・熊野磨崖仏(くまのまがいぶつ)。鬼が一夜で築いたとされる乱積みの石段を登った先に、高さ8mにもなる不動明王と6.8mの大日如来が姿を現す。いずれの磨崖仏も国指定の重要文化財で、見る者を圧倒する迫力が凄い。

・昭和30年代をテーマに、当時の店舗の外観を再現した肉屋や魚屋、駄菓子屋、薬屋などが立ち並ぶ「昭和の町」。商店街のそこかしこにみられる懐かしい風景が好評で、連日多くの観光客で賑わっている。

・荘園の里「田染荘(たしぶのしょう)」での農業体験。千年の時を刻む水田は、現在も中世荘園村落の姿を残している。御田植祭・収穫祭などのイベントに参加し、昔ながらの田植えや稲刈りの農業体験ができる。

■豊後高田市の空き家探し>>豊後高田市空き家バンク事業

次は、あの「荒城の月」の舞台になった地の空き家をチェック>>