光が当たると広く見える?!

広く見せるには、照明器具選びのときに、ペンダントやシャンデリアなど視線を遮るデザインを避けることも必要ですが、光を空間の面(天井、壁)に当てることで、奥行き感が出て広がった印象を得ることができます。

画像の代替テキスト
左は平面的ですが、右のように絵を掛けた壁面に光を当てると、視線が引き付けられ実際以上に奥行き感が生まれてきます。(画像:松下電工)
光を面に当てるには、ダウンライト、スポットライトなどや、間接照明を使うのが効果的ですが、配線を伴う計画は建築段階から考える必要があります。手軽に広さ感を演出するにはスタンド(ライト)を利用すると良いでしょう。

光の出方を見極める

スタンドを使う場合には、インテリアに合ったデザインのものを選ぶことも重要ですが、どのような光の出方をするのかも確かめましょう。

スタンドのシェードが光を透過する素材なのか、透過しない素材なのかによって、空間の雰囲気が変わってきます。透過する素材、例えば乳白アクリルや乳白ガラスなどは、ふんわりとした光も全体に広がり、空間が柔らかな印象になります。反対に、光が透過しない素材=金属では、光の方向が制御されて明暗がくっきりとつき、ドラマティックでモダンな印象になります。
照明
左:同じデザインのスタンドでも光の透過性によって空間の雰囲気も変わってくる。これは不透過性のスタンドを使った空間。 中:透過性のない金属製のシェード 右:透過性のある乳白アクリルのスタンド(画像:松下電工)


次ページでは広く見える、旬なスタンドの使い方をご紹介します。
スタンドは部屋の隅に!>>