アウトドアリビングとして、注目されている庭やテラス、ベランダ。最初は意気込んでガーデニングやBBQを楽しんだものの、今では荒れ放題…。なんてことはありませんか。せっかくのアウトドア空間があるのに活用しないとはもったいない!

今回は、戸外でのガーデンライフを豊かにする家具選びのポイントと、戸外で料理を楽しむ極上テーブルをご紹介しましょう。

憧れのガーデンライフを身近に!

画像の代替テキスト
お庭で友人とのガーデンパーティ。こんな風に過ごしたいと思っている方は多いはず。(以下すべての画像ナカシマプロペラ提供)

庭で友人を呼んで和気あいあいのガーデンパーティ。外の開放感も手伝ってパーティも盛り上がりそうですね。そのほか、外でお茶をしたり、ビールを片手に夕涼みしたり。それから朝の空気の中で朝食を食べるのも気持ちよさそうです。

画像の代替テキスト
リビングの+α空間として外空間は注目度は高まるばかり。食事を目的とする4人掛けのテーブルならば、最低でもW1200mm程度のテーブルがほしいところ。スペースが狭いならば、小ぶりなもの+配膳スペースと分けてみては。
戸外を気軽に楽しむにはアウトドア用の家具選びも大切。家具類は使いたいときにサッと使えるのがポイントでしょう。

収納して使うときに出すのであれば、持ち運びがしやすいか、設営に手間がかからないかをチェックしておきましょう。しかし、使用頻度が高くなると億劫に感じることもあります。設置に手間がかかるテーブルだけでも常設すると、気が向いたときにいつでも使えるので庭などの戸外空間に出る機会も増えますよ。

常設するのであれば、以下の点に注目して選んでみましょう。
【丈夫なものを】
常設するのであれば、耐久性の高いものを選びたいですね。屋外空間は風雨にさらされるだけでなく、夏や冬の温度変化、紫外線の影響を受けます。素材としては、木製やプラスチック、金属などが良く使われますが、長い間には、痛んだり色の変化なども出てきます。ショップ等でメンテナンスや耐久性の確認をしましょう。
【部屋の中ともコーディネートを】
ガーデン家具にもいろいろなデザインや素材のものがあります。隣接するお部屋とのイメージを揃えると、一体感が感じられ、ひとつながりの空間として広々とした印象になりますよ。


次ページでは、憧れのガーデンライフを送るために開発された極上のテーブルをご紹介しましょう。
耐久性よし、デザインよしのテーブルを