不夜城香港の夜遊びスポット

せっかく「眠らない街、香港」に遊びに来たのだから、少しくらい睡眠時間を削ってでも夜の街へと繰り出していきたいもの。洗練されたホテルのバーからセレブの集まるナイトスポット、そしてちょっと変わった夜景を満喫できる方法など、「夜の香港」の楽しみ方をご紹介しましょう。香港は比較的治安もいいので、女性同士でも大丈夫ですよ!

<目次>  

香港のホテルバー

多くのホテルバーからは夜景観賞もできる

多くのホテルバーからは夜景観賞もできる

夜景を楽しみながら、お酒も会話も楽しみたいという人におすすめなのがホテルのバー。静かな時間が流れ、大人の雰囲気を満喫できます。さあ、いつもより少しお洒落をして、ヒールをはいて、出かけましょう! 特にドレスコードの設定をしていないところもありますが、自分が気持ちよく過ごすためにもスマートカジュアルで。ジーンズは避けた方が無難でしょう。ドリンクは100香港ドル前後。10パーセントのサービスチャージが加算されるので、チップは不要です。

この記事では、バーがおすすめのホテルをピックアップしていますが、まだまだお勧めホテルはあります。こちらの記事もご参考にどうぞ!>>>香港のホテル
 

ホテルバー1 フェリックス

ビーチサンダルや短パンでは入れないのでご注意を

ビーチサンダルや短パンでは入れないのでご注意を

香港が誇る最高級ホテルザ・ペニンシュラ香港のバー。フェリックスまでは専用のエレベーターで上るのですが、そのエレベーターにあるちょっとしたサプライズでムードが一気に盛り上がるはず(サプライズなので、ここでは言えません!)。エレベーターを降りると、世界中で高い評価を受けているフランス人デザイナー、フィリップ・スタルクのモダンかつハイソな世界が広がっています。ダイニングを楽しめるレストランエリアの他にバーもあるので、ドリンクだけの場合はバーエリアへ。ガイドは残念(!?)ながら入ったことがないのですが、九龍側に面したフェリックス・バーの男性トイレは世界一景色がいい!なんて評判も。男性は短パン、ノースリーブNG、12歳以下の子どもは立ち入り禁止です。

<DATA>
Felix
住所:Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon(The Peninsula Hong Kong内)
TEL:(852)2696 6778
アクセス:MTR尖沙咀(チムサーチョイ)C1出口、徒歩5分
営業時間:ディナー 18:00~22:30、ドリンク 17:30~翌1:30(ラストオーダー1:00)

 

ホテルバー2 ロビー・ラウンジ

午後9時以降はミニマムチャージがかかる

午後9時以降はミニマムチャージがかかる

香港では、九龍の山に住んでいる龍が、夕方になると水を飲みにヴィクトリア湾に舞い降りる……といういわれがあります。その龍の通り道であるウォーターフロントに建つのが、インターコンチネンタルのロビー。だんだんと夜の顔に変わっていく香港島のパノラマ風景を、カクテルをいただきながら眺めるのもステキ。ホテルのオリジナルカクテル、ナインドラゴンカクテルを片手に水に浮かぶ龍を想像してみたら、その龍が幸運を運んできてくれるかも! せっかくインターコンチネンタルを訪れるのなら、そのままシンフォニー・オブ・ライツの時間(毎晩午後20時)までお楽しみください。21時以降はホテルゲスト以外のゲストはミニマムチャージがかかります。

<DATA>
Lobby Lounge
住所:18 Salisbury Road, Tsim Sha Tsui, Kowloon(InterContinental Hong Kong内)
TEL:(852)2313 2323
アクセス:MTR尖沙咀C1出口、徒歩5分
営業時間:20:00~翌1:30
 

ホテルバー3 モー・バー

スペシャルドリンクのMOtiniやMOcktailsもお試しあれ

スペシャルドリンクのMOtiniやMOcktailsもお試しあれ

高級車がたくさん停まっていて、ホテルの入り口からハイソな雰囲気が漂うランドマークマンダリンオリエンタル。ドアマンに迎えられ、カツカツとハイヒールの音を響かせながら入りたいのがグランドフロア(日本でいう1階)にあるモー・バー。高級感がありながらもスタイリッシュなモーバーでは海外からのアーティストのショーやファッションショーなどのイベントも開催されています。毎晩DJが登場、週末のブランチや日曜日のアフタヌーンティーも大いに盛り上げてくれます。ちょっと背伸びをして行ってみたい、大人のためのバーです。午後17時以降は男性は長ズボンとシャツ着用のドレスコードがあります。

<DATA>
MO Bar
住所:15 Queen’s Road Central, The Landmark, Central, Hong Kong(G/F, The Landmark Mandarin Oriental内)
TEL:(852)2132 0011
アクセス:MTR 中環G出口、徒歩2分
営業時間:ダイニング 11:00~23:00、ドリンク 7:00~翌1:30
 

ホテルバー4 スカイ

窓側席は大人気

目の前に広がるビクトリア湾

香港島にあるザ・パークレーンホテルの屋上にあるルーフトップバーでは目の前に広がるビクトリア湾の心地よい海風に吹かれながら、カジュアルな気分でくつろげます。屋内のレストランエリアは予約できますが、ルーフトップバーはウォークインのみ。窓側の席を確保したかったら、早めの時間帯に行くことをおすすめします。ドレスコードはスマートカジュアル、男性はサンダルやタンクトップはNG。カクテルはもちろんのこと、ワインの種類が豊富です。

<DATA>
SKYE rooftop bar
住所:310 Gloucester Road Causeway Bay, Hong Kong(The Parklane Hotel内)
TEL:(852) 2839 3327
アクセス:MTR 銅羅湾E出口、徒歩2分
営業時間:12:00~翌01:00
 

ホテルバー5 オゾン

インドアエリアでは食事も可能

インドアとアウトドアエリアがある

世界で一番高いところにあるバーはザ・リッツ・カールトン香港内の118階に位置しています。エレベーターの中からのコンセプトである蜂の巣のデザインと青色はまるで香港の夜空のよう。アウトドアエリアからの眺めはどちらかというとヘリコプターから下界を見下ろしている感覚です。シグネチャードリンクの「Aria118」は甘くて飲みやすくて特に女性にはおすすめ。ですが、ウォッカ、日本酒、ココナッツラム、コアントローが入っている強いお酒なので、ほどほどに。トイレからの眺めも最高です。

OZONE
住所:Level 118, International Commerce Centre, 1 Austin Road West, Kowloon Hong Kong (The Ritz-Carlton Hong Kong内)
TEL:(852)2263 2270
アクセス:MTR九龍に隣接
営業時間:17:00~翌1:00(月~水)、17:00~翌2:00(木)、17:00~翌3:00(金)、15:00~翌3:00(土)、12:00~24:00(日)

ザ・リッツ・カールトン香港の記事でも紹介しています。
 

香港の街中のナイトスポット

角っこにカリフォルニアタワーが建っている

ランカイフォンのストリートサインは記念撮影スポット

香港のナイトライフといえばセントラルにある蘭桂坊(ランカイフォン)が大人気! 金曜日の夜などは道端に人が溢れるほどの大混雑ぶり。スポーツバーやパブなど、エネルギッシュな夜を経験したい人はこちらへどうぞ。

ランカイフォンの隣に位置する荷南(ソーホー)は、もう少し落ち着いた感じ。ガンガン飲むというよりは、しっとりとワインをいただくといったところでしょうか。

昔は外国海軍の溜まり場だったのが灣仔(ワンチャイ)。ライブハウスやカクテルバー、ショーをしているバーなどもあります。ザ・アベニューをはじめ、セレブなお洒落バーも続々とオープンしています。

九龍側のナイトライフは諾士佛台(ナッツフォードテラス)へ。各国料理のレストラン兼バーが連なっているので、ディナーから楽しめるはず。
 

街中のナイトスポット1 オフィーリア

ピーコックを意識したオリエンタルなインテリア

インテリアはアシュリー・サットンの魅惑の空間

香港で今一番ホットなクラブはインテリアデザイナーのアシュリー・サットンが手掛けた芸術作品。各業界のお洒落族が集まるホットスポットです。ピーコックを意識した店内には、デコレーションだけでなくセクシーなピーコック女子の姿も。籠に入ったシグネチャーカクテルはぜひトライしてみて。金・土の夜はダンサーによるエンタテイメントも楽しめます。ドレスコードはスマート。エレベーターに乗る前に服装チェックがあるので、思いっきりお洒落をして挑んでくださいね。

<DATA>
Ophelia
住所:Shop F39A&F41A, 1/F, The Avenue, Lee Tung Avenue, Wanchai
TEL:(852)2520 1117
アクセス:MTR 灣仔A3出口、徒歩10分
営業時間:月~木18:00~翌2:00、金・土 6:00~翌4:00
定休日:日曜日
 

街中のナイトスポット2 ピンポン129

生演奏がある時は混みこみ

天井が高い空間は卓球練習所の名残り

MTRの路線が延び、香港島の西エリアがここ数年注目されています。そのひとつが西常盤(サイインプン)にある知る人のみぞ知るジン専門のバー、ジントネリア。下町の居住地区にあり、入り口がわかりにくいのですが、目指すは真っ赤なドア。ユニークなネーミングはこの場所は以前卓球の練習場だったところからつきました。スペインのジンとタパスがメイン、もちろん他の国のジンやビールなどもオーダーできます。が、せっかくなのでぜひジントニをトライしてみて!生バンドの演奏もあり、週末は特に混み合います。

<DATA>
Ping Pong 129
住所:129 Second Street, L/G Nam Cheong House, Sai Ying Pun
TEL:(852)9835 5061
アクセス:MTR 西常盤B2出口、徒歩5分
営業時間:18:00~23:00(ラストオーダー)
 

街中のナイトスポット3 セヴァ

テラスだけでなく、インドアのバーエリアもある

テラスだけでなく、インドアのバーエリアもある

セントラルにあるプリンセスビルの屋上にあるので、オープンテラスからのぞむセントラルの夜景は最高。海風にあたりながら、ライトアップされた香港上海銀行や中国銀行を見上げると、香港の中心にいることを実感できることでしょう。ディナーもできますが少しお高めなので、ご褒美や記念日などにはいいかも。

<DATA>
Sevva
住所:Prince’s Building, 25F, 10 Chater Road Central
TEL:(852)2573 1388
アクセス:MTR 中環H出口、徒歩2分
営業時間:ディナー 18:00~22:30、レイト・サパー (24:00閉店)(月~水)、ディナー 18:00~22:30、レイト・サパー 22:30~翌1:00(翌2:00閉店)(木~土)
定休日:日曜日
 

街中のナイトスポット4 ザ・ワンチ

狭いスペースは熱気でムンムン

狭いスペースは熱気でムンムン

香港でライブハウスに行きたい!と思っている人、ありますよ、いいところが。ワンチでは、毎晩違うバンドによる生演奏が聴けます。エンターテイナーも国際都市香港らしく、インターナショナルなエンターテイナーが勢ぞろい。なかには日本人バンドの出演も。

ライヴ時間は曜日によって異なるので電話で問い合わせをしてから行ってみてくださいね。

<DATA>
The Wanch
住所: 54 Jaffe Road Wanchai, Hongkong
TEL:(852)2861 1621
アクセス:MTR灣仔C出口、徒歩10分
営業時間:11:00~翌2:00(月~金)、16:00~翌2:00(土)、15:00~翌2:00(日)
 

ナイトクルーズ/アクア・ルナ

予約は10日前まではオンライン、それ以降は電話で

予約は10日前まではオンライン、それ以降は電話で

「ジャンク」と呼ばれる中国の木造帆船に乗り、九龍側と香港側の幻想的な夜景を楽しむひとときは香港旅行のハイライトになることでしょう。45分間のクルーズで1ドリンクつき。乗船はチムサーチョイとセントラルからできます。おすすめは毎晩20時に行われる光とレーザーのショー、シンフォニー・オブ・ライツを船上から見ることができる午後19時半発のクルーズ。時刻表の詳細はウェブサイトでチェックできます。曜日によっては昼間も運航しているので、夜の顔とはまた違った香港を海から見るのに最適。

<DATA>
Aqua Luna
TEL:(852)2116 8821
アクセス:中環、尖沙咀スターフェリー乗り場近く
乗船場所:尖沙咀1番埠頭、中環9番埠頭
料金:195香港ドル、シンフォニー・オブ・ライツクルーズは285香港ドル
 

ナイトバス/ビッグ・バス・ツアーズ

日本語定期観光のパンダバスツアーなどもある

日本語定期観光のパンダバスツアーなどもある

ネオンの看板が突き出ているネイザンロードを、オープントップのバスに乗って走ってみませんか? バス車内で立ち上がったら、頭が看板に当たってしまいそうなくらいスレスレのスリル満点!

毎晩19時にチムサーチョイから出ている1時間コース。オーディオガイドは日本語でもあるので、通過する女人街などの観光地の説明を聞くこともできます。20時にはアベニュー・オブ・スターズに戻ってくるので、シンフォニー・オブ・ライツも見逃す心配はありません。セントラルから乗車する場合は、7番埠頭から18:15発。予約は基本的には必要ありませんが、満席になったら乗れません。絶対に乗りたい!ようでしたらオンライン予約しておくと安心ですね。ナイトバス以外にも昼間の香港側と九龍側のオープントップバスツアーがあるので要チェック。

<DATA>
Big Bus Tours
住所:15F, No. 1 Maiden Avenue, Tsim Sha Tsui Kowloon
TEL:(852)2723 2108
乗車場所:中環 7番埠頭 18:15
              尖沙咀 ザ・ペニンシュラ・オフィスタワー前 19:00
料金:250香港ドル
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。