医療保険料率の最も高い県は9.42% 最も低い県は9.26%

「協会けんぽ」の健康保険料率は県単位で決まります。医療保険料率の最も高い県は北海道で9.42%、最も低い県は長野県で9.26%です。2009年と2010年の保険料率は次のとおりです。

<医療保険料率の高い県>
  1. 北海道  8.26% ⇒ 9.42%
  2. 佐賀県  8.25% ⇒ 9.41%
  3. 福岡県  8.24% ⇒ 9.40%
  4. 香川県  8.23% ⇒ 9.40%


<医療保険料率の低い県>
  1. 長野県 8.15% ⇒ 9.26%
  2. 新潟県 8.18% ⇒ 9.29%
  3. 山形県、茨城県、埼玉県、静岡県 ⇒3.00%