買うときはとことん知りたい

あなたがレストランで値段が高いと感じる料理を注文するとしましょう。料理の名前と写真だけで判断せず、店員に色々な質問をしたくなるのではないでしょうか。インターネットで商品を買うときは店員に質問をして色々な情報を得るわけにはいきません。メールで問い合わせるにしてもすぐに答えが返ってくるわけではありません。商品の情報を得るには手間がかかるのです。

そこで、アフィリエイトで商品を紹介する際には、知りたいかも知れないという情報はどんどんページに載せましょう。その商品の販売ページから情報を得たり、ライバル商品を調べてその比較を載せたり、とにかく多くの情報を訪問者に伝えてみましょう。情報が増えることで訪問者の不安は減っていきますので、購入に至る可能性もアップします。

訪問者の知りたいという欲求にこたえられるような詳しい情報を載せておくとよいでしょう。

訪問者の知りたいという欲求にこたえられるような詳しい情報を載せておくとよいでしょう。


前のページでご紹介した購入者の声も、買った後の状態を想像させるのに効果的ですが、他にもできることがあります。

例えばスーパーでキャベツ売り場に野菜いためのレシピと味付け用の商品が置いてあることがありますね。これはついでに他の商品も買わせるための方法でもありますが、キャベツで野菜炒めが作れると、買った後のことを想像させる効果もありますね。このように、使い方を紹介することでその商品を買った後の状態を想像させることができ、購入したいという意欲を高めることができるでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。