台湾ツアーの選び方、買い方

台北1日観光に必ず組み込まれる名所、中正紀念堂は一見の価値あり! 写真

台北名所、中正紀念堂は一見の価値あり! 写真提供:中華民国観光局/王昭貴撮影

「安近短」が嬉しい台湾旅行ですが、ネットで検索したり、旅行会社の店頭に行けば驚くほどたくさんのツアーが販売されています。日本から添乗員が同行するもの、高級ホテルに宿泊できるもの、とにかく安さがウリの格安ツアー……。選択肢のあまりの多さに、どのツアーにするか本当に迷ってしまいます。そこで今回は賢いツアー選びのコツや、航空券の買うときの注意点などをお伝えします。

台湾のツアーの多くが台北ステイ型

台湾のツアーと言えばほとんどが台北ステイで2泊3日が主流。さらに今はビギナーとリピーターに対応できるように、ツアー申し込み時に台北市の主要な名所を回る1日観光付きプランか、または現地ホテル到着時から帰国日のホテル出発まで自由に行動できるフリープランのどちらかを選択できるものが数多く出回っていて、自分スタイルの旅を作れるようになりました。

台北の観光名所は、市内あちこちに点在しているので、ビギナーが自力で回るとなると金額、時間、労力共に結構大変です。初めての台湾旅行で観光名所を効率良く回りたいなら、市内観光ツアーに参加すべき。お土産店に立ち寄る時間のロスを考えても、やはり個人で回るよりツアーがおすすめです。

例えば世界4大博物館のひとつと言われている国立故宮博物院は、丁寧に見ていくと1日かかりますが、ツアーガイドと共に回れば「見ておくべき有名な至宝」のポイントを上手くおさえてくれるので何と1時間半で見学完了! 個人で行った場合にありがちな、ついつい時間配分を考えずに、無制限にいろいろ見て回った結果、全部見切れなかった……なんてことも防げます。

また3泊4日のツアーに参加するのであれば、1日は郊外へ足を伸ばしてみるのもおすすめ。ノスタルジックな街並の九ふんや、日帰りで温泉に入れる烏來や新北投、夕陽が綺麗な淡水などはバスやMRTで手軽に行けますし、高鉄(台湾新幹線)を使って台中や高雄へ足を伸ばすのも面白く、どちらも日帰りが可能です。九ふんや烏來などの台北近郊は日帰りオプショナルツアーを用意している旅行会社もありますから、これに参加すれば中国語が話せなくても安心です。

>>>日帰りで行ける台湾近郊の街の詳しい案内は台北・台北近郊へ。

>>>台湾高速鉄道(通称高鐡または台湾新幹線)で行く台中台南高雄もぜひご覧ください。

台湾ツアーの探し方

お近くに旅行代理店があれば、まずは無料でもらえるツアーパンフレットを集めましょう。観光ルートやホテルの写真を見ていくと、自分の行きたい旅行の形が見えてくるはず。安さ重視なら単色刷りのチラシに掘り出し物があります。

もっと安くてお得なツアーを探したいなら、ウェブサイトのほうに軍配が上がります。ただし、エイビーロードのように数多くのツアーを集めたサイトは条件に合わせて比較が出来て便利な半面、自分で問い合わせフォームに記入し先方からの連絡を待ったり、直接電話で連絡をしてまわるという手間がかかります。こういったウェブサイトの中にはツアーが満席になっても掲載し続けている場合があり、問い合わせしている間にツアーの空きがなくなってしまうことも……。問い合わせフォームを使ってメール送信するなら、複数のツアーに目星をつけて同時に問い合わせておくといいでしょう。

そうやって自力で各社に連絡をするのが面倒な人は、多少割高でもやはり旅行代理店に出向いて手配してもらうのが簡単です。