Google AdWordsとアフィリエイトについてご紹介します。今まで使っていたのはGoogle AdSenseですが、今回ご紹介するのはGoogle AdWordsです。Google AdWordsをどうやってアフィリエイトに活かしていくのかを数回に分けてお伝えしていきます(Yahoo!の検索連動型広告については個人では申し込めませんので説明に含みません)。


Google AdWordsとは?

Googleで検索した際に検索結果上部や右側に表示される広告がありますね。これらの広告の広告主になるためのプログラムがGoogle AdWordsです。広告を出す側の企業等が利用します。Google AdSenseの逆ですね。

サイトマップ例
広告を出稿したい人はAdWords、自分のサイトに広告を掲載したい人はAdSenseです。

実は、このGoogle AdWordsは個人でも利用できるので、アフィリエイトに活用する人も多いのです。どうやって活用するのか?をご説明する前に、Google AdWordsの仕組みについてご説明します。

Google AdSenseは1クリックいくら、という報酬を受け取れるプログラムなのに対し、Google AdWordsは、1クリックにつきいくらという形で広告費を出すプログラムです。1クリックにつきいくらというふうに、広告費を支払ってGoogleの検索結果ページに広告を表示してもらうのです。

たとえばあなたが自分のサイトに100アクセス呼び込んだとしましょう。1クリックの広告費が10円なら100×10=1000円支払えばいいわけです。このように、実際にクリックがあった分だけ費用を支払えばいいので、予算も決めやすく使いやすい広告と言えるでしょう。

1クリックごとの広告費はキーワードによって違います。これは、価格が入札形式で変動しているからです。検索結果のより上位に表示させるためには他の広告主より多くの料金を払えばよい、という形式です。実際はこれに広告の質という部分が加わって、質のいい広告は安く上位に表示させることができる仕組みになっています。

このため、人気のあるキーワードは1クリックごとの費用も高くなり、高いものは単価が4桁にもなるキーワードもたくさんあるのです。
※こういった高額キーワードはGoogle AdSenseで有利ですね。こういったキーワードの見つけ方も後に紹介していきます。