古き良きフランスの田舎

中世の時代の様子がそのまま残されているブルターニュの村、ポール・フェタン

中世の時代の様子がそのまま残されているブルターニュの村、ポール・フェタン© BOBROVITCH Anatoly/Crtb

フランス人のバカンス先としても人気の小さな港町、中世の面影を残す古い街並み、伝統文化を守りながら慎ましく暮らす人たち……海峡を挟んでイギリスに隣接するフランス北西部の地方には、多くの人がイメージする「フランスの田舎」の風景がそのままそこにあります。

北西部では、ワインではなくシードルを© GRATIEN Jean-Patrick

北西部では、ワインではなくシードルを© GRATIEN Jean-Patrick

イギリス海峡沿いに点在する港町や有名な世界遺産モンサンミッシェルを持ち、激動の歴史を生き抜いたノルマンディー地方や、クレープの本場でありフランス語でイギリスを意味するブルターニュ地方など、風土色豊かで魅力たっぷりの北西部。ここでは、ワインの存在を忘れてください! ブドウが育たないという土地柄により、代わりにリンゴを使ったお酒が醸造されており、土地のグルメと相性抜群。

気候は一年を通して比較的気温が低めで、雨が多く天気が変わりやすいのが特徴です。特に寒くなる冬以外に出かけたいところ。都会の喧騒に疲れたら、TGVに乗ってしばし時間旅行に出かけてみましょう。