「お嬢さんを下さい」は禁句か?

photo
彼女のパパとガッチリ握手!これが最終ビジョン
結婚の挨拶の常套句として有名なのは、「お嬢さんを僕に下さい!」というアレ。「娘はモノじゃない!」なんて反論をされるから、使わないほうがいい、という意見もありますが、やっぱりわかりやすい決めゼリフは必要だと思います。

「下さい」を使わないにしても、「結婚させてください」とか「結婚させていただきたいと思っております」とか、わかりやすい言葉で、そしてP.3の「しゃべりはハッキリが原則」でも述べたように、ハッキリと伝えましょう。間違っても「結婚を考えておりまして……」なんて、あいまいなのはダメ! コイツは本当に俺の娘を幸せにできるのか?と疑問に思われてしまいますよ。

謙虚かつ自信を持って挑もう


男っぷりは、男としての責任感や信頼度を相手に示して、初めて印象付けられるもの。自分に自信を持つことが何より大切です。しかし、過度の自信はオレサマ的なマイナス印象に傾いてしまいます。

本当にデキる人というのは、謙虚さを持ち合わせているもの。このときばかりは、彼女を大切に思い、その彼女をいただきに上がるのだという気持ちを、思いっきり前面に出していきましょう。


いかがでしたか? 緊張する挨拶、ぜひ準備もしっかり、そして自信と謙虚さをたたえて、彼のパパに対峙しましょう。健闘をお祈りしています!


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。