rokki
準備することがたくさんある結婚だから時間をうまく使いたいもの
皆さんの結婚式の準備、どこまで進んでいますか? 予約したウェディング会場で「いつ何をする」とスケジュールを聞いて、それに沿って準備をしていることと思います。このスケジュールはどんな会場でもそれほど大きな違いはありませんし、比較的ゆとりを持って組まれているはず。

ただし、新郎新婦のおふたりは結婚式の準備をするだけではなく、他にも新居や旅行など、色々な準備があるもの。となると、あるはずの「ゆとり」も結局はどこかに消えてしまって、バタバタと忙しくなってしまうのです。

仕事も何かと忙しいし、結婚準備のためにフルにお休みを使ってしまうとヘトヘトに。結婚式が近づくに連れてさらに忙しくなると、表情に疲労の色が見え出す……これでは、せっかくの結婚式当日も楽しめない恐れがあります。

実は、会場から聞いたスケジュールよりも前倒しでやっておける準備もあるんです。逆に前もって準備しようとしても物理的に難しいこともあります。これを知っておけば、時間をうまく使えて、楽しく準備できるはずですよ。

早めに準備しておけること

fitting
意外と時間がかかることや時間をかけたいことは早めに準備に取り掛かろう
スケジュール前倒しで準備しておけるものは、余裕がある時に早めにやっておくとラクチン。さらに、話し合いが必要となっても、焦らなくて済みますね。

●衣裳のセレクト
会場さえ決まれば、衣裳を決定することができます。試着や検討には意外と時間がかかりますし、時期によってはショップ予約自体が取りにくい場合もあるので、早めに動いて正解。ただし、あまり早すぎると、後から出る新作ドレスが気になって、結局また1から選びなおしたくなった、なんてこともあるので、ショップのスタッフの人からしっかり情報をもらいましょう。

●招待客リストの作成
招待状を作る際に必要なのが招待客リスト。直前に1度に作成しようとすると結構大変な作業なので、前もって少しずつやっておくのがオススメ。結婚式後に結婚報告ハガキを送る際には全員の住所が必要になりますし、席次表を作る際には肩書きも必要になるので、それも含めたリストを作っておくと便利です。リスト漏れがないように何度か見直しをしておいて。

●招待客のグループ分け
招待客のリストを作るときに、ぜひ一緒にやっておきたいのがこれです。会社関係○人、高校友人が○人……という具合に、あらかじめグループに分けておきましょう。会場で使用するテーブルの着席可能人数を聞いておいて、それに合わせてグループ分けしておければ、さらにラク。席次を決める際に最も時間がかかるのが、誰をどのテーブルに座らせるかなのですが、グループを作っておくと、後はテーブルの場所を決めて当てはめるだけで済みます。

●引出物のセレクト
品物を決めるだけでなく、親御さんへの相談など、意外と時間がかかるもの。実物をショップに見に行って決めたい、という場合は特に時間が必要ですよね。この人にはこういうもの、というようにイメージを決めておくだけでも時間短縮になります。

●会場装飾のイメージ作り
打ち合わせの場だけでは、イメージを固めるのは難しいもの。時間がある時に雑誌やインターネットで好きな雰囲気の写真などをピックアップして、2人でしっかり話し合いをしておきましょう。ブーケも同様にイメージ固めを。

●BGMのセレクト
どの場面にこれ、と決めるのはプログラムの打ち合わせ後ですが、使いたい曲をピックアップしておくのはいつでも可能。音源もまとめておくと、打ち合わせ時にすぐに持参できるので便利です。