ウェディングに欠かせない音楽。スピーチ以外のほとんどの場面で、音楽がかけられます。そして、よりよい場面作りのための大切なひと工夫もあるんです。リラックスしたり、盛り上がったり、より楽しいパーティの助けになります。

ポイントとなる音楽

ケーキカット
ポイントとなる曲はゲストへの印象も強いもの
ゲストの注目を促し、演出効果をより上げるために使う音楽です。必ず音楽が必要なのは以下の場面。

●入場
●乾杯(「乾杯」の発声を合図に音を出す)
●ウェディングケーキカット(カットとともに音を出す)
●中座
●再入場
●花束贈呈
●退場

印象的な曲を選ぶことはもちろんですが、特に乾杯とケーキカットの曲にはちょっとしたコツが。乾杯の場合は「乾杯!」という発声を合図に、ケーキカットの場合は司会者の「ケーキご入刀です!」という言葉をきっかけに音楽がスタートします。なので、カット・イン(出だしで音がパーンと出る)タイプの曲がおすすめ。フェード・イン(小さい音がだんだん大きくなる)タイプの曲では正直活気に欠けます。

曲の出だしを使わなくても、秒数を指定して途中から曲をかけるということもできるので、お気に入りの曲が使えないかどうか、じっくり聞いてみてください。サビのあたりは結構使えることが多いです。

ガイド自身も好きで、BGMとしてよくおすすめするのは、Boyz II Menの『A Song for Mama』という曲。ご両親への花束贈呈でよく使われるのですが、サビの部分にこんな歌詞があります。

Mama, Mama You know I love you.

花束贈呈は、両親への感謝を表すシーン。英語の曲ですが、「ママ」とか「I Love You」といった、誰もがよくわかる歌詞によって、この曲自体を初めて聞く人でも感情移入しやすいのですね。