【準備5】当日の段取りをシミュレーションする

訪問から挨拶をして、おいとまするまで、どんなふうに振る舞うか、どんな会話をするか事前にシミュレーションしておくと安心です。

基本的な流れは以下の通り。

訪問

玄関での簡単な挨拶

客間に通されてきちんと挨拶

雑談

結婚の話を切り出す

雑談

おいとま

訪問時間は2~3時間が妥当。挨拶をする前の雑談では、自己紹介を兼ねて仕事や趣味、学生時代の話、郷里や自分の親の話をするといいでしょう。ただ、ずっと自分が話しっぱなしにならないように。会話として成り立つように心を配りましょう。

【準備6】挨拶のセリフを考えておく

親に対して結婚の挨拶をするのは、どちらの家でも男性の役目です。事前にしっかり考えていけば、慌てることはありません。

例えば、以下のような感じ。

「先日、○○さんに結婚を申し込み、快く受けて頂きました。ふたりで協力して、幸せな家庭を築くつもりです。どうぞ結婚をお許し下さい」

服装からセリフまで。「親への挨拶」の準備
親への挨拶がうまくいったら結婚式の準備にとりかかろう
「結婚させて下さい!」だけでも問題はないかもしれませんが、将来への決意を合わせて述べると親も安心するし、印象もぐっと良くなるようです。

女性は、男性の挨拶に続いて「ふたりで力を合わせて頑張ります。どうぞよろしくお願いします」などと、言葉を添えるといいでしょう。

結婚の挨拶の前に何度か訪れ、相手の親とは顔見知りだったとしても、ここはけじめなので、きちんと挨拶をすることをおすすめします。

■「親への挨拶」について知りたい人は以下の記事もチェック!
「親への挨拶」完全シミュレーション
好感度を勝ち取る「親への挨拶」
親、上司、友人…。「結婚の挨拶」のマナー
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。