【準備3】当日着ていく洋服を揃える

服装からセリフまで。「親への挨拶」の準備
スーツやワイシャツはきちんとプレスを
服装で大切なのは清潔感。男性は基本的にはスーツにネクタイで。ビジネススーツで構いませんが、よれよれのものはNG。クリーニングに出して、プレスしたてのものを着ましょう。

ワイシャツももちろんプレスしたものを。女性の父親が堅い職業なら、シャツの色は白や薄いブルーなどが無難でしょう。

当日はおうちにお邪魔することになるので、靴下はできれば新品を用意するといいでしょう。靴もしっかり磨いておきます。足の匂いが心配という人は消臭スプレーをかけておいて。

女性は「地味過ぎす派手過ぎず」を心がけて。シンプルなワンピースやツーピースなどがおすすめです。アクセサリーは控えめに。夏でもストッキングは必須。脱ぎにくいブーツは避け、パンプスにしましょう。靴を磨いておくのはもちろんのこと、中敷も汚れていないかどうかチェックしておきます。

【準備4】身だしなみを整える

男性は長髪や茶髪はできれば避けたほうが無難。訪問2~3日前にはヘアカットをし、さっぱりとした髪型にしましょう。相手の親の感性にもよりますが、ひげもあまり快く思われないようです。

女性はナチュラルメイクを。ヘアスタイルもすっきりとまとめます。極端な茶髪や盛り髪もNGです。ネイルもあまりごてごてと飾り立てたものは避けたほうがいいでしょう。

>>次ページでは挨拶のセリフについて