男性が女性の両親に結婚の報告をする際の流れとマナー

彼氏が自分の両親に挨拶しにくるときにも教えてあげたいマナーです彼氏が自分の両親に挨拶しにくるときにも教えてあげたいマナーです

彼氏が自分の両親に挨拶しにくるときにも教えてあげたいマナーです

結婚の挨拶を親にするのはかなり緊張するもの。とくに、男性が女性の親に対して行う場合、緊張はマックスに! その場になって慌てふためいたため、快い返事がもらえなかった……なんてことになったら泣くに泣けません。そんなことにならないためにも準備はしっかりと。当日のシミュレーションをしておけば、落ち着いて臨めるはずです。

今回は男性が女性宅を訪問する場合を想定し、どのように事を進めたらいいか紹介します。


当日の服装や手土産は前日に用意

当日着て行く服や手土産などは前日までに用意しておきます。詳しくは、記事『服装からセリフまで。「親への挨拶」の準備』を見てくださいね。

「親への挨拶」完全シミュレーション
事前準備は万全に。洋服は前日にプレスしておきましょう
手土産は訪問先の近くで調達するのは失礼に当たりますので、事前に準備しておきます。金額は2000~3000円くらいで、お菓子や果物などが一般的。

相手の親の好みにあわせて、喜ばれそうなものをチョイスします。名店や行列ができる店のものなら「いろいろ考えて選んでくれたんだな」という気持ちが伝わりやすいでしょう。

相手がお酒好きというのであれば、ワインや焼酎、日本酒などでも構いません。また、自分の地元の名物を取り寄せて贈れば、そこから話が弾んでいくかもしれません。

服装で大切なのは清潔感。男性は基本的にはスーツにネクタイで。ビジネススーツで構いませんが、よれよれのものはNG。クリーニングに出して、プレスしたてのものを着ましょう。ワイシャツももちろんプレスしたものを。女性の父親が堅い職業なら、シャツの色は白や薄いブルーなどが無難でしょう。

当日はおうちにお邪魔することになるので、靴下はできれば新品を用意するといいでしょう。靴もしっかり磨いておきます。足の匂いが心配という人は消臭スプレーをかけておいて。

女性は「地味過ぎす派手過ぎず」を心がけて。シンプルなワンピースやツーピースなどがおすすめです。アクセサリーは控えめに。夏でもストッキングは必須。脱ぎにくいブーツは避け、パンプスにしましょう。靴を磨いておくのはもちろんのこと、中敷も汚れていないかどうかチェックしておきます。

ギリギリよりは余裕を持って出発できるようなスケジューリングに。なお、彼女の家がわかりにくい場合は、彼女と駅で待ち合わせるようにしてもいいかもしれません。

彼女の家までの交通手段を調べるとともに、最寄り駅から家までどのくらい時間がかかるのかも事前に聞いておき、何時に家を出たらいいかを計算します。

ぴったりよりは2~3分遅れでピンポン!

電車が事故などで遅れたり、道が渋滞したりする可能性を考え、当日は余裕を持って家を出ましょう。なお、何らかのアクシデントで遅れそうな時は、早めに彼女に連絡を。

駅についたら、トイレに行って身だしなみを確認。髪が乱れていないか、顔が脂ぎっていないか、ネクタイが曲がっていないかなどを確認します。緊張しているのなら、鏡の中の自分に向かって笑いかけてみてはどうでしょうか。意外に緊張感がとれますよ(ただし、他の人からはけげんな目で見られるかもしれませんが……)。

早めに到着したからといって、約束の時間より早く訪問するのはNG。先方にも準備があるからです。約束の時間通りか、2~3分遅れて訪問するくらいがマナーに適っています。

雨の日でスーツが濡れてしまった場合は、ハンカチで水滴を拭いておきます。コートを着ている場合は、チャイムを鳴らす前に脱いでおきましょう。


玄関先で軽く挨拶を

相手が出てきたら、まずは玄関の中に入ります。ドアをきちんと閉めてから、「●●と申します。本日はお忙しいところ、お時間を作っていただき、ありがとうございます」と簡単に挨拶をします。挨拶をしてから、軽く頭を下げるようにするといいでしょう。

家に上がる時には、相手にお尻を向けないよう、そのまままっすぐに靴を脱ぎます。スリッパが用意されている場合、すぐにはスリッパに足を入れません。スリッパの横に立って腰を落とし、靴を揃えて隅に寄せます。靴を揃え終わったら、スリッパを履いて、相手に従って進みます。

>>次ページではいよいよ挨拶をします!