家庭でのお酒保存に便利な「瓶保存パック」

ワインや日本酒の家庭での保存って、厄介ですよね~。貯まりだすと「やっぱ、ワインセラー、買わないといけないかなぁ・・・」などと悩んでしまう。でも、高いし、置き場もないし、迷っているうちに、結局お酒はほったらかし・・・ということになってしまう。


これが「保存パック」だ。右が脱酸素剤。これを袋に入れて保存する。
そんなときに、超便利な「保存パック」を利用してみてはいかがだろう。
なんと、これ、「紙」!!
びっくりです。

使用方法は、特殊加工された紙パック(幅15センチ×高さ41センチと、幅15センチ×高さ55センチの2バージョンあり)に、一升瓶やワインボトルやお醤油ボトル(←これもいいでしょ)と「脱酸素剤」を入れて密封するだけ。

紙パックは半透明なので、ラベルなどの文字も読める。
紙パックは紫外線カット。
ラベルにカビが生えたり、汚れたりしない。
とにかく手軽。
・・・とさまざまな利点がある。

ちょっと手間かなと思うのが、家庭用のアイロンで温めて密封しなければいけないところ。メーカーさんにうかがえば、「ただいま改良中」とのこと。ますます使いやすくなる可能盛大だ。
要チェック。

 「瓶・保存パック」
  ・幅15cm×高さ41cm 10枚セット 1,800円
       (1枚120円 脱酸素剤60円)
  ・幅15cm×高さ55cm 10枚セット 2,000円
       (1枚140円 脱酸素剤60円)

詳細はこちらへ↓
「株式会社サンシン」
  ・東京都練馬区中村北1-2-4
  ・TEL 03-3970-0943
 



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。