今日本酒業界は酒粕石鹸ブーム?!


いやはや日本酒業界はどうやら石鹸ブームのようですわ。
今度は奈良『春鹿』の(株)今西清兵衛商店から発売された“春鹿 酒粕石鹸 萬葉美人”の紹介だ。

この今西家は、春日大社の神官として神々に供える酒を醸してきた、由緒正しい酒蔵さん。メインアイテム『春鹿』の、辛口風味のキレのある清冽な味わいは、日本だけだなく海外でも注目されている。
ムムムム、この歴史と伝統の蔵の石鹸とはいかに・・・!?


525円で、萬葉の美人になれる!


昔から、杜氏さんの手は白く艶があってなめらかなことで知られていた。そう、日本酒もろみには美白効果が、糠には保湿効果があるということなのだ。この効果を十分に封じ込めたのがこの酒粕石鹸。

具体的には『酒粕に含まれるリノール酸はシミ・ソバカスの生成を防ぎ、美肌を蘇らせる働きがあります。お肌の張りを保ち細胞の老化を防ぐビタミンB1・B2・Eを豊富に含む米ぬかとダブルの効果で保湿力にも優れています』とのこと。
酒粕をたっぷり練りこんだ、添加物無使用の本格石鹸なので、ちょっと柔らかめの印象。なんだかキャラメルみたいでおいしそ~。でも浴室に入れておくと溶けてくるような感じさえするナイーブな石鹸だ。嫌なにおいもないし泡立ちよく使いやすいところがうれしい。65グラムで525円とお手軽なところもいいしね。


使い方のポイントは泡立ち


実際使用する時の友田おすすめは、写真のような洗顔専用の泡立てスポンジでた~っぷり泡立てて使うこと。洗顔のポイントはどんなにいい石鹸、洗顔料であっても、クリーミーな泡を立てないと意味がないということ。厚みと弾力のある泡でゆっくりマッサージするようにして優しく擦る。これを意識して洗顔すると、あららびっくり。ぴかっとした艶としっとりとしたなめらかさが出るのだ。本当です。おまけに美肌&保湿効果のある石鹸ならなおさらのこと。

そうだ、今酒粕石鹸を販売している蔵元さん、もしくはこれから製造販売しようという蔵元さん、専用の泡立てスポンジもセットで売られてはいかがですかね?グリーンの泡立てスポンジ「酒林」とか・・・

最近しわが増えたとかかみそり負けしやすい男性にもおすすめ。もちろんアトピーの人や秋のブタクサのアレルギーの人にもいいはずだ。夏の疲れが出るこの季節、素材のいい石鹸でお肌を生き返らせてあげよう。



株式会社今西清兵衛商店 0742-23-2255

  春鹿 ネットショッピング
   ・春鹿酒粕石鹸『万葉美人』  1個 525円(消費税込)



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※メニューや料金などのデータは、取材時または記事公開時点での内容です。